子育てママのお悩み解決メディア
妊婦の体重管理は母子ともに重要!必要な理由やトラブルなども紹介

妊婦の体重管理は母子ともに重要!必要な理由やトラブルなども紹介

妊娠中は体重について、「増えすぎていたらどうしよう」「体重が減ったらどうなるの?」といった不安に感じる人もいます。適正体重や体重管理が必要な理由を理解すれば、より安心した妊娠生活を過ごせるでしょう。

そこで当記事では、妊婦に体重管理が必要な理由や増加の目安、太り過ぎで起きるトラブルなどを解説します。

妊婦に体重管理が必要な理由

妊婦に体重管理が必要な理由は、胎児の成長と母体の健康維持のためです。妊娠をすると「胎児を守るため」「安全に出産できるため」といった理由から、皮下脂肪が溜まりやすくなり、自然に体重が増えます。

しかし、体重が増加し過ぎると「妊娠高血圧症候群」「妊娠糖尿病」といったリスクを高めてしまうのです。また、産道に余分な脂肪がつけば出産時の母体への負担が増え、産後の回復に遅れが生じる可能性もあります。

妊婦における体重増加の目安

妊娠中の体重増加には、適切な目安があります。適正体重を理解するためには、まずBMI(Body Mass Index)について理解しなければなりません。

BMIは慎重と身長から肥満度を表す指数で、「体重÷身長÷身長」の簡単な数式で算出できます。妊娠前のBMIを参考に、体重増加の目安を確認していきましょう。

妊娠前のBMIが「18.5未満」

妊娠前のBMIが18.5未満の痩せ型の方は、約9〜12㎏が適正増加量です。ただし妊娠中期から終盤にかけては、1週間で約0.3〜0.5㎏ずつの増加が望ましいとされます。

妊娠前のBMIが「18.5以上25.0未満」

妊娠前のBMIが18.5以上25.0未満の普通体型の方は、約7~12㎏が適正増加量です。妊娠中期から終盤は18.5未満の方と同じく、1週間で約0.3〜0.5㎏ずつの増加が適正になります。

妊娠前のBMIが「25.0以上」

妊娠前のBMIが25.0以上の肥満型の方は、約5㎏が適正増加量です。妊娠中期以降は個人により異なるため医師と相談し、適正増加量を決めましょう。

妊婦に太りすぎで起こる2つのトラブル

妊娠中に体重が増えすぎると、さまざまなトラブルを引き起こしかねません。自分の体型やBMI値を理解し、適切な体重増加を目指す必要があります。ここでは、太りすぎで起こる2つのトラブルについて確認しましょう。

1.妊娠高血圧症候群

妊娠中に太りすぎると、妊娠高血圧症候群になる可能性が高まります。妊娠高血圧症候群は血圧を高めるだけでなく、むくみなどの症状なども伴います。

そのまま放置すると、胎盤機能の低下や胎児へ十分な栄養供給ができなくなるのです。早産や未熟児の要因にもなるため、放置せず医師に相談しましょう。

2.妊娠糖尿病

また妊娠中の太り過ぎは、妊娠糖尿病になるリスクを高めます。妊娠糖尿病になると出産時に帝王切開となる可能性が高くなり、胎児は内臓機能が成熟しないまま生まれる可能性もあります。母子ともに大きな影響を与える妊娠糖尿病には、十分注意しましょう。

赤ちゃんのためにも適正体重を保とう

妊娠中に適切に体重管理を行うことは、母子の健康を守るうえで重要なポイントの1つです。ただし体重管理に対して神経質になりすぎ、ストレスを溜めてしまってはあまり意味がありません。

無理なく行える範囲で体重管理を行い、妊娠生活を楽しむことも大切な心掛けです。妊娠中の体重管理について悩みがある場合は、かかりつけの医師にも積極的に相談してみましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →