子育てママのお悩み解決メディア
産後のホルモンバランスの乱れと心身の症状|不安を解消

産後のホルモンバランスの乱れと心身の症状|不安を解消

全ての力を出し切った産後、イライラしたり疲労感があったりというのは、ただ体力がなくなったというだけではありません。今回はホルモンバランスの乱れがもたらす産後の症状と、その対処法についてご紹介していきたいと思います。

産後はホルモンバランスが崩れる?いつから? 

産後、お母さんの体は元の状態に戻る働きをします。産後約半年程の期間は、そうした産後の不調を引き起こしやすくなっています。これは妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンが急激に減少し、自律神経が乱れ、心身共に不調を引き起こすからです。

子宮が回復するための痛みも

出産直後、広がった子宮は強く収縮して元のサイズへと戻る働きをします。産後2~3日程度は特に子宮が強く収縮するので、重たい生理痛のときのような痛みや、陣痛のような痛みを感じます。通常は、子宮が戻るにつれて次第に痛みも引いてくるので、特に心配は必要ありません。授乳に支障が出るほど痛いという場合は、医師に相談しましょう。

うつやマタニティーブルーも

産後のホルモンバランスが崩れてしまうことによってメンタルが敏感になり、マタニティーブルーや産後うつという症状が出てしまう事もあります。

産後のホルモンバランスなどが影響して出る症状

産後のホルモンバランスの影響は計り知れません。ですが、こうした症状は産後のホルモンバランスの乱れが影響してるんだと把握しておくことで、しっかりと対処することができます。

イライラ

ホルモンバランスが崩れると、自律神経のバランスも悪くなります。常に気が張っているような状態になってしまうので、イライラしてしまいます。

不安や落ち込み

ホルモンバランスの影響で乱れた自律神経は、理由の無い不安や落ち込みにも影響しています。

疲労感

ホルモンバランスが原因で、極度の疲労感に襲われる場合もあります。あまりにひどい場合は産後うつという可能性もあります。

過食

こちらもホルモンバランスが起す症状の一つです。産後の急激なホルモンバランスの変化により、過食になってしまうこともあります。

体重増加

過食が原因で引きおこる可能性があります。ですが、それ以外には女性ホルモンのエストロゲンの減少により食欲が抑えられなくなってしまうために太りやすくなってしまいます。

肌有れ

エストロゲンは女性のハリのあるみずみずしい肌をキープするためにも必要です。減少することでどうしても肌荒れが起きてしまいます。

不眠

ホルモンバランスの乱れは不眠を引き起こすこともあります。

月経(生理)が遅れる

産後、生理の再開は個人差はあるものの授乳をしている場合は6~10カ月、非授乳の場合は2~4か月と言われています。ホルモンバランスが安定していないので、周期は不安定です。

髪がごわつく

女性ホルモンのエストロゲンは髪にも大きな影響を与えます。うるおいやツヤが無いといった状態は産後にエストロゲンが減少したから影響してしまった可能性が非常に高いです。

産後の乱れたホルモンバランスの整える方法

産後はどうしてもホルモンバランスが崩れてしまうものです。そうしたホルモンバランスの崩れを整えるように心がけるだけでも、身体は大きく変化します。

睡眠をしっかり取る

寝不足の状態は自律神経の乱れやストレス、そして肌荒れや過食に影響します。産後直後はミルクの時間もあるのでなかなか難しい部分ですが、赤ちゃんと一緒に寝れる時は無理せず寝るようにしましょう。

栄養バランスの取れた食事をする

赤ちゃんのお世話だけでも体力はずっと奪われ続けています。バランスの取れた食事でしっかりと体力をつけるのは効果的です。特にホルモンの分泌を促す大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンEがおすすめです。偏らないようにバランスのいい食事をしっかり取りましょう。

適度に運動をする

疲労感もあるので、なかなか運動といった運動は難しいと考えてしまうかもしれませんが、簡単なエクササイズやストレッチだけでも効果が期待できます。激しい運動は難しくても適度な運動は血流をよくしてリフレッシュすることで自立神経が整います。

気分転換を心がける

ちょっと本を読んだり、少し映画を見てみたり、こまめに気分転換を取り入れましょう。赤ちゃんは大切ですが、お母さんの体も大切です。

好きなことをする時間を作る

気分転換に似ています。自分の時間をしっかりと確保して好きなことをする時間を作ります。楽しい時間を過ごすことで気持ちが軽くなったり、赤ちゃんと楽しく過ごすための工夫が思いついたりすることもあります。

夫と子育てをする

育児は女性の仕事ではなく、夫婦二人の仕事です、夫が育児をしないと余計なイライラが増えてしまいます。産後の体が大変なことを理解させ、一緒に育児をしていきましょう。

産後のホルモンバランスや心身で不安があれば相談を 

気持ちの落ち込みや家族に当たってしまうイライラなど、自分に原因があると思っていても産後のホルモンバランスが原因であることの方が多いです。もし自身にそうした兆候があって不安な時は、家族や友人、行政などの相談できる窓口でしっかりと相談しましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →