子育てママのお悩み解決メディア
女性の不妊治療とは?治療の種類や妊娠確率、かかる費用をご紹介

女性の不妊治療とは?治療の種類や妊娠確率、かかる費用をご紹介

女性の不妊治療には、タイミング法や人工授精、体外受精などさまざまな方法があります。女性の年齢や不妊の原因などによって適した不妊治療は異なり、産婦人科の先生と相談しながら決めていくのが通常です。

ただ不妊治療を始めるにあたり、どのような治療方法があるのか知りたい人も多いでしょう。そこで今回は、不妊治療における代表的な治療方法を紹介します。

女性の不妊治療とは?

代表的な不妊治療には、タイミング法・人工授精・体外受精・顕微受精があります。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

1.自然妊娠を目指すタイミング法

不妊治療で初めに行うのが、自然妊娠を目指すタイミング法です。基礎体温の計測に加え、おりものの状態や卵胞の大きさなどから排卵日を正確に把握し、性交渉を行います。排卵が見られない場合は、排卵を促す排卵誘発剤を使用することも。

2.人の手を介して受精させる人工授精

男性の精液を女性の子宮内に注入して妊娠を目指す方法を人工授精といいます。人工授と聞いて人為的に妊娠させる印象がありますが、人の手を介す不妊治療のなかではもっとも自然な方法です。

3.体の外で受精させる体外受精

体外受精は、タイミング法や人工授精でも効果が見られなかったときに用いられる治療方法です。その名の通り、体外で精子と卵子を受精させてから子宮内に戻す方法をいいます。

4.ガラス管等を使い受精させる顕微授精

顕微授精は体外受精の一種で、体外で受精させてから子宮内に戻す方法になります。ただ受精方法に違いがあり、顕微授精はガラス管を使って精子を卵子に注入し受精させます。一方、体外受精は精子の力に頼るのが一般的です。

不妊治療でよくある質問

初めて不妊治療を行う人は、疑問に感じていることもあるはずです。ここでは、不妊治療でよくある質問をまとめました。不妊治療に関する疑問がある場合は、事前に解消しておきましょう。

不妊治療にかかる期間は?

不妊治療はなるべく早く妊娠することを目指しますが、不妊治療開始から1年以内の妊娠を目安にしましょう。通院頻度はタイミング法が月に1回、人工授精は月に2〜3回、体外受精は月に5回程度になります。治療方法によって通院頻度は変わるので十分に注意しましょう。

不妊治療の費用はどれくらい?

不妊治療を始めるにあたり気になるのが、費用面ですよね。タイミング法は保険が適用されるので、1回数千円程度です。人工授精は保険適用外で1回1〜2万円、体外受精や顕微授精も保険が適用されないため1回20~60万円ほどかかります。保健所や医療機関で、助成金制度が利用できないか問い合わせておきましょう。

不妊治療における妊娠確率は?

費用面と同じく気になるのが、不妊治療における妊娠確率ですよね。タイミング法の妊娠確率は16~18%程度といわれています。

人工授精は1回あたり5〜10%ほど、体外受精の場合は35歳未満であれば約60%の女性が妊娠に至る結果に。ただし加齢とともに卵子の老化も進むので、女性の年齢が高くなるほど妊娠の確率も低くなります。

まずは検査をして不妊の原因を調べよう!

避妊もしていないのに妊娠しない場合は、不妊の可能性があります。不妊の原因によって治療方法も変わるので、まずは産婦人科で検査をするのがおすすめです。

そのあとは、担当の先生と相談しながら不妊治療の方法を決めましょう!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →