子育てママのお悩み解決メディア
事前登録で便利に利用、妊婦さんの支えとなる「陣痛タクシー」とは?

事前登録で便利に利用、妊婦さんの支えとなる「陣痛タクシー」とは?

「陣痛タクシー」をご存知でしょうか?妊娠中の方を対象としているタクシーで、病院への送迎はもちろん普段の買い物などにも利用もできる嬉しい取り組みです。この記事では、陣痛タクシーについて詳しくお伝えしていきます。

陣痛タクシーとは?

まずは、陣痛タクシーがどんなものかをご紹介します。

妊婦さんを対象としたタクシー

陣痛タクシーを利用できるのは妊婦さんだけです。24時間365日体制ですぐに駆けつけられるように、陣痛タクシーの専用回線で混雑を回避していることがあります。

ドライバーも研修を受けており安心

陣痛タクシーのドライバーは助産師による講習を受けており、知識や妊婦さんへの配慮もあるため安心です。

普通のタクシーと料金はさほど変わらない

タクシー会社によって運賃は異なりますが、一般的なタクシー料金と大きく変わることはないようです。万が一破水をしてシートを汚してしまっても、クリーニング料金の請求もありません。

陣痛タクシーを利用するには?

ここでは、陣痛タクシーの利用方法についてお伝えします。

事前の利用登録が必要

陣痛タクシーを利用するには、事前登録が必要です。自分の名前や住所、緊急連絡先などの基本情報やかかりつけの産院を登録しておくことで、陣痛が来たときに自宅まで迎えに来てくれます。道案内をしなくても産院へ連れて行ってくれるので安心です。

陣痛が来た?タクシーよりもまずは産院に連絡

お腹の痛みを感じ、間隔が短くなり、いよいよ本格的な陣痛が来たな……と感じたら、まずは産院へ連絡をしましょう。

陣痛が来ても焦らずに対応しよう

陣痛が来てしまうと、どうしても慌ててしまうことがありますが、陣痛が来てもすぐには産まれません。まずは深呼吸をして心を落ち着けましょう。

陣痛の間隔を計り、医師からいわれていた間隔になったら、まずは産院へ連絡をします。陣痛間隔や現在の様子を詳しく伝えて指示を仰いでください。「産院へ向かってください」という指示があってから、陣痛タクシーを呼ぶようにしましょう。

自分では陣痛だと思い込んでいても、産院に連絡をして様子を伝えると「もう少し様子を見てみましょう」と言われることもあります。慌てて、産院とタクシーへの連絡が前後しないよう注意しましょう。

陣痛タクシーは妊婦の心の支えになる

家族がいない時に陣痛が来ると、1人で不安に襲われる妊婦さんも多いと思います。しかし、妊婦さんへの理解のある陣痛タクシーのドライバーが迎えに来てくれると思うと、少し安心できるのではないでしょうか。

陣痛はいつ来るか予測ができないため、万が一の備えをしておくことは大切です。1人で動きが取れない時に陣痛が来ても良いように、陣痛タクシーの登録を検討してみてはいかがでしょうか。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →