子育てママのお悩み解決メディア
陣痛が来たら何をする?前駆陣痛との違いや陣痛の間隔の目安とは

陣痛が来たら何をする?前駆陣痛との違いや陣痛の間隔の目安とは

臨月に入り、出産が少しずつ近づいてくると赤ちゃんに会える楽しみだけでなく、緊張や不安が大きくなってくる方も多いかもしれませんね。出産を乗り越えられるのか、陣痛が来たときに落ち着いて対応して病院まで行けるのかなど、考え始めるとキリがありません。

この記事では、そんな不安を少しでも和らげられるよう、陣痛が来たときの対応の仕方や、陣痛時におすすめのアプリなどをご紹介しています。出産を控えている妊婦さんはぜひ活用してくださいね。

痛みを感じたら、まずは時間を計ろう

なんだかお腹が痛い……?もしかして陣痛?と感じたら、まずは時間を計りましょう。規則的なお腹の痛み、張りがある場合は陣痛がきている可能性が高いです。

初めての出産である初産婦と、2回目以降の出産になる経産婦では対応が違うため注意しましょう。

初産婦は10分間隔になったら病院へ連絡を

痛みと痛みの間隔が10分程度になったら、一度病院へ連絡をして指示を仰ぎます。いつ頃から痛みを感じ始めたか、今は何分間隔になっているかなどを慌てずにおちついて伝えるようにしましょう。

経産婦は15分~20分間隔で

初産婦と違い、経産婦は出産の経験があるため、初産婦よりも産道が柔らかくなっています。陣痛が来てからあっという間ににお産になることがあるため、15分~20分くらいの間隔になった時点で病院へ連絡をするようにしましょう。

痛みの間隔がバラバラなのはどうして?

10分間隔で痛みが来ていたのに、15分になったり、20分になったり間隔がまばらな時は、陣痛ではない可能性もあります。規則的ではない痛みはどう対応するべきなのでしょうか?

前駆陣痛の可能性

痛みの間隔がまばらな場合は、前駆陣痛の可能性があります。前駆陣痛はすぐに出産につながることはありませんので、気持ちを落ち着かせてゆったりとすごしましょう。

ただ、前駆陣痛から陣痛に変わることがあります。痛みの時間は継続して計っておき、入院グッズなどの確認をしておきましょう。

陣痛と見分ける目安

前駆陣痛と陣痛を見分けるのは、医師でも難しいと言われています。陣痛は立っていられないほどの痛みなどと言われますが、痛みの強弱は感じ方が人それぞれ違うため、判断の目安としては曖昧な部分があります。

一つの目安として、規則的に痛みがきているかどうかがポイントになります。1時間に6回以上の痛みが継続してある場合は、陣痛の可能性がありますので、一度病院へ連絡をするようにしましょう。

陣痛の間隔を計るアプリ

痛みが来る度に時計とにらめっこするのは、少し手間と感じる方には、陣痛用のアプリをおすすめします。

手軽に計れて便利

簡単操作のスマホアプリで、痛みが来た時と治まった時に画面をタップするだけで手軽に陣痛間隔を計ることができます。陣痛の記録を残すこともできるため、病院への説明する際にも便利です。

陣痛が来ても焦らず落ち着いて対応を

出産間近になると、少しの変化でも不安に感じてしまうことがありますが、慌てずに落ち着いて対応することが大切です。お腹に痛みを感じ始めても、すぐにお産になることはありません。「慌てずに時間を計る」このことを頭に置いて、落ち着いて対応しましょう。

何度も頭のなかでシミュレーションしておくと、いざというときに慌てずに行動できるのではないでしょうか。赤ちゃんがお腹にいる期間もあとわずかです。ゆったりとした気持ちで、貴重な時間をすごしてくださいね。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →