子育てママのお悩み解決メディア
もしかして陣痛がくる?事前に知っておきたい陣痛の前兆とは

もしかして陣痛がくる?事前に知っておきたい陣痛の前兆とは

予定日が近づくと、もしかするとそろそろ陣痛が来るかな?とドキドキしながらすごす日が多くなってくるのではないでしょうか。早く赤ちゃんに会いたいけど、陣痛は不安…と複雑な気持ちですごしている妊婦さんも多いかもしれません。

この記事では、陣痛の前兆といわれている症状をいくつかご紹介しています。緊張の日々をすごしている妊婦さんは、ぜひ参考までに読んでみてくださいね。

出産間近に身体の変化がある?

予定日が近づき、出産の準備が整いつつある妊婦さんの身体にはどんな変化が起こるのでしょうか。まずは、出産間近に起こりやすい身体の変化についてお伝えします。

女性ホルモンが増加

妊娠後から、女性の身体には女性ホルモンが徐々に増加していき、出産時は女性ホルモンが最も多い状態です。出産に備え、赤ちゃんのために身体の状態を整えているともいえます。

下痢を起こすこともある

女性ホルモンの増加が原因で、下痢を起こしやすくなる方も多いようです。女性ホルモンには、腸の動きを活発にする働きがあるといわれています。臨月に入る頃から、女性ホルモンの分泌量が増え始めるため、下痢を起こしやすくなります。

陣痛の前兆はどんなものがある?

陣痛につながることのある前兆はさまざまな症状があります。ここでは、代表的な3つの陣痛の前兆をご紹介します。

おしるし

卵膜が子宮壁から剥がれ、少量の出血が起こることがあります。その出血が「おしるし」です。

下着が少し汚れる量だったという方もいれば、生理と同じくらいの出血だったという方も。出血も鮮血だったり、ピンク色のおりもののようだったなどさまざまです。

破水

陣痛の前兆としてよく耳にする破水は、羊膜が破れ、中の羊水が出てきます。破れた羊膜の場所によって、出てくる羊水の量が異なるため、少量だと尿漏れと間違えて気がつかない場合もあります。

中には、パン!という衝撃を感じて一気に羊水が大量に流れ出ることもあります。破水をしてしまった場合はすぐに病院へ連絡をしましょう。

生理痛のような痛み

チクチクとお腹が痛む、なんだか身体が重いなどの生理痛のような痛みは前駆陣痛かもしれません。前駆陣痛は規則性が無く、痛みを感じたり、痛みが全く無くなったりします。痛みが強く、規則的になってくると本格的な陣痛の可能性が高いです。

前兆を感じたら、しておきたいこと

もしかして陣痛の前兆?と感じることがあれば、何が起こっても良いように準備をしておきましょう。

入院グッズの確認

まずは、入院に必要な荷物のチェックをしておきましょう。家族や病院への連絡が必要になることもあるため、スマートフォンなどの充電も忘れずに。

破水してなければシャワーを浴びる

出産は一日がかりになることも多いです。産後すぐにはお風呂に入ることができないため、陣痛の前兆を感じ、体調にも余裕があれば、シャワーを浴びて身体を清潔にしておくことをおすすめします。

ただし、破水をしている場合は、胎児が細菌感染をしてしまう恐れがあるためシャワーを浴びることができませんので注意しましょう。

前兆があったら、長距離移動などは避けて

前兆があったからと言って、すぐに陣痛がくるとは限りませんが、すぐに病院へ行けないような長距離の移動は避けましょう。出産は何が起こるかわかりません。すぐに対応できるように、出産に備えてできるだけ安静にすごすようにしましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →