子育てママのお悩み解決メディア
難産の平均時間ってあるの?基準や原因を合わせて解説!

難産の平均時間ってあるの?基準や原因を合わせて解説!

お産にかかる時間は、人によってまちまち。また初産か経産かによって、お産の時間は大きく変化します。しかし、なかには「難産」と呼ばれるお産を経験する方もいます。平均以上にお産に時間がかかる場合を指して使う言葉ですが、一体何時間ほどを「難産」とするのでしょうか。

難産にかかる時間は?

生まれるまでに時間がかかりすぎることを「難産」ということがあります。しかし「時間がかかりすぎる」とは、具体的にどれほどの時間を指すのでしょうか。ここでは、お産にかかる平均的な時間と合わせて紹介します。

そもそも出産の平均時間はどのくらい?

そもそも、お産にかかる平均的な時間はどのくらいなのでしょう。一般的には、初めてのお産(初産)の場合は11〜15時間ほどであることが多いです。 経産婦(既にお産経験のある妊婦)の場合は短く、6〜8時間ほどと言われています。 もちろん個人差があるので、絶対にこの時間内というわけではありません。あくまで平均的なお産時間と考えてください。

難産の基準となる時間は?

では、難産の場合はどうでしょうか。
初産の場合で30時間以上、経産婦の場合でも15時間以上かかったお産は時間が長いので「難産」と呼ぶことがあります。なお、この時間は陣痛が始まってからのもの。 30時間以上の痛みに絶え続けている妊婦が、激しく体力を消耗していることは言うまでもありません。

難産の原因として考えられることは?

ではなぜ、難産になってしまうのでしょうか。原因としては、いくつかの可能性が挙げられます。しかし、いずれかの場合だからといって、難産と決まったわけではありません。あくまでも可能性があるだけに過ぎないことを前提に、難産の原因を解説します。

予定日を1週間以上過ぎている

予定日を大幅に過ぎてしまった場合は、難産になるリスクが高まります。予定日を過ぎてもなかなか生まれない原因としては、いくつかの可能性が考えられますが、その1つが「産道の異常」です。 赤ちゃんの頭に対して、産道が狭い場合などは、赤ちゃんがなかなか産まれてこれない可能性があります。

逆子の場合

通常の赤ちゃんは、頭から産まれてきますが、逆子の場合もあります。身体が先にお母さんの体外へ出てしまった場合、頭が引っかかってしまい、出産に時間を要します。
そのようなケースでも難産になる可能性が高く、事前の定期検診で逆子と発覚した場合は、はじめから帝王切開にて出産するケースも多いようです。

痩せすぎor太りすぎ

お母さん自身が、痩せすぎているか太りすぎている場合でも、安産が難しくなります。痩せすぎている場合は、出産時の出血によって貧血と鳴ってしまう可能性もあります。また、太りすぎている場合には産道が狭くなってしまい、これもまた難産の原因とされています。

難産を避けるため、妊娠中から体型には気を遣おう!

難産となるおおよその基準の時間や原因について解説しました。陣痛から30時間以上に及ぶ出産には、母子ともに大きく体力を消耗します。難産となることを避けるため、痩せすぎや太り過ぎに注意するなど、妊娠中からできる対策をおこなうと良いでしょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →