子育てママのお悩み解決メディア
妊娠中の体重増加の平均は?BMIから適正値を判断しよう!

妊娠中の体重増加の平均は?BMIから適正値を判断しよう!

妊娠中は誰でも体重が増加するものです。赤ちゃんを健康に育てるためには、ある程度しっかりと食事をとらなければなりません。しかし過度に食事をとって、体重が増え過ぎてしまうのも問題です。ではどの程度の体重増加であれば、問題ないのでしょうか。

今回は、体重増加の平均や赤ちゃんを育てるために必要なカロリーについて解説します。

妊娠中の体重増加、平均は一体何kg?

妊娠中は、赤ちゃんを守るために身体が皮下脂肪を蓄えようとします。そのため、通常よりも女性の身体は、太りやすくなるのが一般的です。では妊娠中の体重増加は、どの程度が「許容範囲」なのでしょうか。

1週間の体重の変化で見よう

妊娠中は、痩せすぎているのも太りすぎていることも胎児に影響を及ぼします。妊娠中は、こまめに体重を測っておくと良いでしょう。目安は、1週間ごとに体重の変化を把握しておくことです。

妊娠中の体重増加は、1週間に500g以下であるのが理想的です。もちろん、神経質になりすぎて、ストレスになってしまうのも悪影響。気を付けつつも、500g以上増えてしまったからといって、過度なダイエットはしないようにしましょう。

BMIからチェックしよう

妊娠中の健康状態を把握する手段として、体重だけを気にするのでは不十分です。さらに、理想的な体重は人によっても異なります。ポイントはBMIの数値に考慮して、体重の増加を把握することです。

妊娠前のBMIが18.5〜25.0、つまり「標準体型」とされている方は、妊娠期間中に7〜12kgの増加が理想的。BMI18.5未満の「痩せ気味」な方は9〜12kg、25.0以上の「肥満傾向」にある方は医師による指導を受けるようにしましょう。

赤ちゃんが育つのに必要なカロリーとは?

赤ちゃんが育つのに必要なカロリーとはどのくらいなのでしょう。もちろん、食事でとった栄養素がそのまま赤ちゃんに届くわけではありません。

目安としては、妊娠前の食事よりも、1日にプラス450カロリーほど。標準体型であった方は、妊娠中だからといって、そこまでたくさん食べる必要はありません。

太り過ぎてしまうとどんなリスクがある?

前述したように、妊婦は痩せすぎていても太りすぎていても、胎児に影響します。痩せている場合は食事量を増やすことで対応可能。しかし、太り過ぎている場合は、意識的に痩せる必要があります。また太りすぎている場合は、以下のようなリスクがあるので、対策をしましょう。

高血圧症候群のリスク

太りすぎている場合は「妊娠高血圧症候群」のリスクを高めます。放置してしまうと、胎盤の機能が低下してしまう恐れも。胎盤の機能が低下すると、胎児に酸素や栄養素が十分に届かなくなってしまいます。

糖尿病のリスク

妊娠中に太りすぎてしまうと「妊娠糖尿病」のリスクも高くなってしまいます。血糖に異常があると、胎児まで皮下脂肪が増えてしまうことも。 体重が4kgを超えた胎児の場合、帝王切開での出産となる可能性が高くなることがあります。

適正な範囲内であれば、体重増加は問題なし!

1週間に500g前後の増加であれば、大きな問題はありません。しかし、体重が増えすぎてしまうとことは注意が必要です。さまざまな病気のリスクを抱えることになります。適正な範囲内の体重をキープしましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →