子育てママのお悩み解決メディア
双子確率ってどのくらいなの?遺伝有無や双子を妊娠している兆候

双子確率ってどのくらいなの?遺伝有無や双子を妊娠している兆候

1回の妊娠で赤ちゃんを2人も授かれるのは、パパやママにとっては嬉しいことですよね。その喜びを味わいたくて、双子を産みたいと考える人もいるはず。

しかし、双子を授かれる確率はどのくらいなのか分からないですよね。そこで今回は、双子確率や双子を妊娠しているときの兆候を紹介します。

双子確率はどのくらい?

日本の1年間における出産件数は約100万件ですが、そのうち双子の出産は約1万件です。約100人に1人のママが双子を出産しています。

ただこの数値は不妊治療で授かった事例も含まれており、自然分娩だけで見ると0.6%ほどです。また双子には一卵性と二卵性のタイプがあり、それぞれ授かる確率も大きく異なります。

一卵性の確率

1つの卵子に1つの精子が受精したあとに受精卵が2つに分かれたものを一卵性といいます。ほぼ同じ遺伝子を持っているのが特徴です。そんな一卵性の双子が生まれる確率は、自然妊娠で約0.4%ほど。1000件の出産のうち4件程度といわれています。

二卵性の確率

2つの卵に2つの精子がそれぞれ受精して生まれたものを二卵性といいます。一卵性とは異なり、50%ほど同じ遺伝子を持っているのが特徴です。そんな二卵性の双子は日本人で授かる件数は少なく、自然妊娠で約0.2~0.3%ほど。1000件の出産のうち2~3件程度といわれています。

双子を妊娠しているときの3つの兆候

実は双子を妊娠しているからといって、特有の兆候があるわけではありません。ただし、単胎の妊娠でもよく起こる症状は双子ではより出やすいといわれています。それぞれの兆候を見ていきましょう。

1.妊娠中期以降から感じるお腹の張り

妊娠中期に入ると、お腹を張りを感じ始めます。特に双子の場合はお腹に2人の胎児が育っているので、お腹の張りを感じやすいようです。もし頻繁にお腹の張りを感じるなら、決して無理はせずしばらく横になって安静にしましょう。

2.単胎妊娠に比べてつわりが長引く

双子を妊娠している場合、単胎妊娠に比べるとつわりが長くなる傾向にあります。hCGと呼ばれる糖蛋白質ホルモンが単胎妊娠より盛んに分泌されていることが大きく影響しているのです。ただ、すべての妊婦さんのつわりが長引くわけではありません。

3.双子を支えるため腰痛を引き起こす

双子を妊娠すると、2人の胎児を下半身で支えることになります。単胎妊娠と比べると重みも違うので、どうしても背中を反らした姿勢になりがちです。

その結果、腰に大きな負担がかかり腰痛を引き起こすことになります。腰の負担を軽減したいのなら、骨盤ベルトを活用してみることも検討できます。

双子確率は一卵性か二卵性かで変わる!

双子確率は一卵性か二卵性かで大きく変わり、特に自然妊娠の場合はより確率が低くなります。また双子を希望通りに授かる方法はありません。

実際に妊娠してみるまで分からないので、双子を授かれるか楽しみに待ってみるのがいいかもしれませんね!

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →