子育てママのお悩み解決メディア
ストレスで爆発しそう!産後のママに起こる病気や対処法をご紹介

ストレスで爆発しそう!産後のママに起こる病気や対処法をご紹介

産後すぐは、慣れない育児にストレスを感じるママも多いはずです。もしかすると、イライラが止まらないのは産後に起こりがちな病気のせいかもしれません。

対処法によっては症状が楽になることもあるはず。そこで今回は、産後ママに起こる病気や対処法をご紹介します。

産後のママに起こる病気はある?

産後はホルモンバランスが崩れるので、産後特有の病気に悩まされることも多いようです。代表的なものには、産後うつや育児うつがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

産後に起こる「産後うつ」

産後うつは出産してから3ヶ月以内に発症しやすい病気で、妊婦の10~15%が発症するといわれています。産後うつの主な症状はうつ状態や食欲不振、強い不安を感じるなどです。自責感が強い場合や育児に支障が出ている場合などは、早めに精神科医に相談するようにしましょう。

子育て中に起こる「育児うつ」

育児うつは子育て中に発症する病気で、子育てによるストレスや環境の大きな変化で起こります。育児うつは一過性のものではないため、放置して自然に治癒するとは限りません。育児うつの症状が見られたら、精神科医などに相談しましょう。

産後・育児うつを対処する4つの方法

産後うつや育児うつは、ホルモンバランスの乱れやストレスが大きく影響しています。出産後は子ども中心の生活になりますが、日頃から少し意識してケアをすれば気持ちが楽になることも多いです。産後うつや育児うつの対処法を見ていきましょう。

1.家事は適度に手を抜いて頑張り過ぎない

育児はもちろん、料理や掃除など家事も完璧にこなそうと考えていませんか?特に産後は赤ちゃんに付きっきりになるので、思い通りに家事が進まないことも多いかもしれません。無理して頑張り過ぎるとストレスが溜まるので、適度に手を抜くことを覚えましょう。

2.人に話してモヤモヤを解消する

育児や夫への不満は、人に話してストレス解消するのがおすすめです。誰にも話さずひとりで悩みを抱え込んでしまうと、モヤモヤが解消されず余計にストレスが倍増します。両親や友達など信頼できる相手に話して、モヤモヤを吐き出してしまいましょう。

3.時には1人になる時間をつくる

子どもが小さいうちは、ひとりになる時間を作れないことも多いです。パパが子どもを見ているときや託児サービスを利用したときなどに、ひとりになる時間を作りましょう。少し子どもから離れることで、育児で行き詰まった気持ちもスッと落ち着くはずです。

4.専門機関に相談する

近くに相談できる相手がいない場合は、専門機関に頼るのも方法です。ほとんどの自治体では、育児に関する相談窓口が設けられています。保健師さんやカウンセラーなど専門職員が対応してくれるので、安心して相談できるはずです。相談できる窓口がないか確認してみましょう。

ストレスを感じたときは人に頼ろう!

産後うつや育児うつを放置すると、精神的に追い詰められてしまうママも多いです。身体の調子が悪かったりストレスが溜まっていたりする場合は、ひとりで抱え込まず夫や両親に頼りましょう。

もし頼れる相手がいないなら、専門機関の利用がおすすめです。自分に合う方法でストレスを解消しましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →