子育てママのお悩み解決メディア
つわりの症状がひどい!妊娠初期の妊婦が食べやすい食べ物や食べ方

つわりの症状がひどい!妊娠初期の妊婦が食べやすい食べ物や食べ方

妊娠初期につわりの症状がひどくなり、まともにご飯が食べれない妊婦さんも少なくありません。ただ、ご飯を食べないとお腹は空くので、何か食べられそうなものはないか探している人もいるはずです。

そこで今回は、つわりの症状がひどい時でも食べやすい食べ物や食べ方をご紹介します。

つわりを経験する妊婦の割合

つわりは、すべての妊婦さんが経験するわけではありません。妊婦さんによっては、つわりを経験しないまま出産を迎える人もいます。ただ、つわりがないのはごく一部でおよそ8割の妊婦さんは、吐き気や頭痛、食べづわりなどに悩まされているのが現状です。

実際に妊娠するまでつわりの程度はわかりませんが、つわりが起こる可能性は高いことは覚えておきましょう。

妊娠初期のつわりはいつまで続く?

つわりは症状が早く現れる人であれば、妊娠4周目ごろから始まります。この時期は、生理が来なくて「妊娠かな?」と気づくタイミングです。妊娠して嬉しいと感じると同時に、つわりに悩まされる妊婦さんも多いようですね。

妊娠初期のつわりは妊娠15週ごろまで続くのが一般的ですが、中には妊娠10週ごろにつわりが終わる人もいます。

つわりでも食べやすい食べ物

つわりの症状がひどくなると、吐き気や頭痛などの体調不良が起こったり臭いに敏感になったりして何も食べられなくなる妊婦さんもいます。ただ、このようなつらいときでも食べやすい食べ物もあるようです。ここでは、つわりでも食べやすい食べ物を見ていきましょう。

1.水分が多く酸味があるフルーツ

つわりがひどくても比較的食べやすいものは、酸味のある食べ物だといわれています。特に、水分が多いイチゴやグレープフルーツがおすすめ。これらの果物には多くビタミン類が含まれているので、妊娠中の風邪対策にも効果を発揮してくれるでしょう。

2.便秘を改善できる冷やご飯

臭いづわりがある妊婦さんの場合は、炊きたてのご飯の香りで気分が悪くなることがあります。このような場合は、ご飯を冷やすのがおすすめ。冷やすことで炊きたてのご飯特有の香りを抑えられるので、つわりがひどい妊婦さんでも食べられることがあります。

3.口当たりが良いゼリー

食べづわりがあるもののお腹空いて何か食べたいと感じているなら、口当たりが良いゼリーがおすすめです。小腹が空いた時にも重宝するので、つわりがひどい妊娠初期は買い置きしてすぐに食べれるようにしている妊婦さんもいるようですね。

4.つわりが落ち着くアイスクリーム

つわりがひどいときに、アイスクリームを食べて乗り切った妊婦さんも多くいます。口に入れるだけでスッと溶けていくので、体調が優れないときでも食べやすいようです。ただ、アイスクリームはカロリーが高く、食べ過ぎると体重が増えてしまうので注意しましょう。

つわりのときに夫にも知ってほしいこと

つわりは妊娠特有の症状で、夫にはどのくらい妊婦さんが大変なのか分からないことも多いです。つわりの程度も妊婦さんによって異なり、中には柔軟剤や歯磨き粉、シャンプーの香りで気持ち悪くなることもあります。

自身が快適に暮らすためにも、妊娠初期はつわりでにおいに敏感になっていることをあらかじめ夫に伝えておきましょう。夫婦できちんとコミュニケーションを取ることで、日常生活のイライラも軽減されて母子ともに健康に過ごしやすくなることがあります。

つわりがひどい時は無理をしないこと!

妊娠すると、多くの妊婦さんさんがつわりに悩まされます。妊婦さんによってつわりの症状はさまざまですが、食べ物のにおいを嗅いだだけで気持ち悪くなる人も多いです。

胎児に栄養を届けるためにも栄養バランスを考えた食事を取ることは大切ですが、つわりがひどいなら無理をする必要はありません。食べられそうなものを見つけて少しずつ食べましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →