子育てママのお悩み解決メディア
妊婦さんはチェックしよう!食べ物の良い・悪いリストを紹介

妊婦さんはチェックしよう!食べ物の良い・悪いリストを紹介

妊婦さんは食べる物に、とても気を遣いますよね。妊婦さんには、意識して多めに食べたほうが良いものと、逆に量を制限するなどをしたほうがよい食べ物があります。今回はそんな良い・悪い食べ物をまとめて紹介するので、妊婦さんは参考にしてみてください。

妊婦が食べて良いものリスト

妊婦さんの食事は、赤ちゃんの栄養にもなります。つまり、赤ちゃんが健やかに成長していくためには、欠かせないものだということです。摂取する栄養には、いままで以上に慎重にならなければいけません。

食べた方が良いもの

妊婦さんが積極的に摂るべき食品は、以下のとおりです。

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • 納豆
  • レバー
  • あさり
  • 小松菜
  • 小魚
  • 牛乳
  • ヨーグルト

妊婦さんは、上記の食品を積極的に食べるようにしましょう。

摂るべき栄養素

上で紹介した食品を食べなければならない理由は、妊婦さんの身体に必要な栄養素を含んでいるためです。妊婦さんに欠かせない栄養素とは、以下のとおり。

  • 葉酸
  • 鉄分
  • カルシウム

上記3つの栄養素を含んだ食品であれば、紹介した以外のものでも構いません。

妊婦が食べてはいけないものリスト

反対に、妊婦さんが控えたほうが良い食べ物もあります。ここで紹介する食品や成分を含んだ食べ物は、少量であれば問題ありませんが、たくさん食べることは控えましょう。

避けるべき食べ物

妊婦さんが避けるべき食品は「うなぎ」です。また、食べ物ではありませんが、アルコールやカフェインなどの摂取も止めましょう。

赤ちゃんの成長を阻害し、低体重で生まれてしまう危険があります。

注意すべき栄養素

ではなぜ「うなぎ」を食べてはいけないのでしょうか。その理由は、うなぎに「ビタミンA」が豊富に含まれているためです。

通常は、ビタミンAを摂ることで、皮膚などの粘膜を健康に保つことができます。しかし、妊娠初期に過剰摂取してしまうと、赤ちゃんの器官形成に悪影響を及ぼすかもしれません。

時期別、食べ物に関する注意点

ひと言で「妊婦さんの食事」といっても、注意すべき事柄は妊娠初期・中期・後期によって異なります。ここでは、それぞれの時期ごとに食事における注意点を解説していきます。

妊娠初期の食べ物

妊娠初期は免疫力が低下しやすい時期です。肉、魚問わず、生食は控えるようにしましょう。また、葉酸や鉄分などを積極的に摂取し、神経系の発育を促しつつ、貧血に備えてください。

妊娠中期の食べ物

妊娠中期は、つわりがおさまる方も多く、初期と比べて食欲が増加します。しかし、糖分や油分をたくさん摂ってしまうと、大幅な体重増加につなが可能性があるでしょう。妊娠高血圧症や糖尿病のリスクが高まるので、十分に注意してください。

妊娠後期の食べ物

妊娠後期は、いままで以上にカロリーに注意しましょう。肥満になってしまうことで、難産やあらゆる病気のリスクを高めてしまいます。

食べ物リストに沿って食事を楽しもう!

妊婦さんが食べたほうが良いもの、避けるべきものをリスト状に紹介しました。しかし、食べたほうが良いからといって、過剰に摂取しては、かえって栄養バランスが乱れてしまいます。意識して多めに摂る程度にしておきましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →