子育てママのお悩み解決メディア
気にしすぎに注意!妊婦が最低限、気をつけるべき食べ物は?

気にしすぎに注意!妊婦が最低限、気をつけるべき食べ物は?

妊婦さんは食べ物にも神経質になりがち。しかし、気にしすぎてしまうことも、実は身体に悪影響なのです。今回は妊婦さんへ向けて、食べ物を気にしすぎてしまうことのリスクや、最低限気をつけるべき点を解説していきます。

食べ物を気に過ぎてしまうことの悪影響

妊婦さんは食事に気をつけなければいけませんが、神経質になりすぎてストレスを貯めてしまうことも問題です。また食事に気を遣っているつもりが、実は逆効果であるというケースも。ここでは食べ物を気にしすぎるあまり、陥りがちなミスを紹介します。

糖質オフなどによるエネルギー不足

肥満は、難産のリスクを高めると言われています。しかし、肥満になることを避けようとするあまり、糖質を抜きすぎてしまうのはNGです。

極端に炭水化物を抜いてしまうことでエネルギー不足になり、赤ちゃんの成長を妨げることとなってしまいます。

体重の増加を気にしすぎての栄養不足

糖質オフと関係していますが、そもそも体重の増加を気にしすぎることも、赤ちゃんにとっては悪影響です。

食事の量を制限することで、赤ちゃんに必要な栄養が届けられなくなってしまいます。

食事を抜くことによる代謝の低下

朝食を抜いたり、食事を減らしたりする影響として、代謝の低下が考えられます。1食抜くこことで、次の食後は血糖値が著しく上昇するからです。その結果、摂取した栄養素に見合っていない体重の増加を招きます。

食べ物で妊婦が気をつけるべきポイントは?

体重増加などを避けようと、食事に気をつけすぎるあまり、赤ちゃんの身体を危険な状態にしてしまっては元も子もありません。食事に気遣うのは大切なことですが、神経質になりすぎることはないからです。以下2つのポイントだけ押さえて、今までどおり食事を楽しみましょう。

カロリーのとりすぎ

気をつけすぎては良くないですが、ある程度のカロリー制限は必要です。前述したとおり、肥満は難産のリスクを高めてしまいます。栄養価が低く、ハイカロリーなものは控えしょう。

塩分のとりすぎ

塩分のとりすぎにも注意が必要です。妊娠高血圧症候群などの病気を引き起こす原因となってしまいます。出産や赤ちゃんに悪影響なので、塩辛いものが好きだという方は、注意してください。

これさえ押さえておけばOK

では、妊婦さんはどのようなものを食べればよいのでしょうか。ここでは、妊婦さんが積極的に食べるべきものと、避けるべきものを紹介します。

妊婦が食べた方がよいもの

妊婦さんが積極的に食べた方がよいものは、以下のとおりです。

  • ブロッコリー
  • モロヘイヤ
  • あさり
  • 納豆
  • レモン
  • パセリ
  • しじみ
  • レバー
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • しいたけ
  • 豆類

妊婦が避けたほうがよいもの

逆に妊婦さんが避けるべきものは、以下を参考にしてください。

  • スモークサーモン
  • ナチュラルチーズ(非加熱)
  • 生もの全般

気にしすぎない程度に食生活を整えよう!

妊婦さんはある程度、食事に気をつけなければなりません。しかし、体重増加などを気にするあまり、必要な栄養まで摂らないことは最も避けるべきです。最低限、気をつけるポイントを押さえたら、後は今までどおりバランスのよい食事をしましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →