子育てママのお悩み解決メディア
妊婦は生卵に注意が必要って本当?気をつけるポイントと取り扱い方法

妊婦は生卵に注意が必要って本当?気をつけるポイントと取り扱い方法

妊娠中は食べるものにも敏感になりやすいですが、特に生で食べるものは心配になりますよね。今回は生で食べるものなかでも生卵について、食べてもいいのかどうかや気をつけたいポイント、食べる際の注意点について紹介します。

妊婦は生卵を食べてはダメな理由とは

「妊婦は生卵を避けた方がよい」ということを聞いたことがある人も多いでしょう。ではなぜ妊婦は、生卵を食べてはダメなのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

サルモネラ食中毒の危険性がある

生卵には、食中毒を起こすサルモネラ菌が付着している場合があります。サルモネラ菌は殻に付着しているため卵を割ったときに中に入り、そのまま生で食べたことで体内に入りこみ食中毒を起こすのです。

ママが感染したからといって、赤ちゃんに直接影響はありません。しかし食中毒の症状の発熱や腹痛、嘔吐、下痢などで重症化したり、食事がとれなくなったりするため注意しましょう。

生卵以外の生の食べ物にも注意

生卵以外にも、生の食べ物にも注意が必要です。例えば、以下の食べ物が挙げられます。

  • 生魚・貝類
  • ちくわ・かまぼこなどの魚介類加工品
  • ナチュラルチーズ
  • 生ハム
  • サラミ
  • スモークサーモン


妊娠中は免疫力が落ちているため感染症にかかりやすく、ママが感染することでお腹の赤ちゃんにも影響が出ることもあります。

特に流産や早産の原因となるリステリアやお腹の赤ちゃんに感染することで流産や死産、先天性トキソプラズマ症 を起こす可能性のある寄生虫、トキソプラズマに注意しましょう。

半熟卵や温泉卵なら大丈夫?

半熟卵や温泉卵も注意が必要です。

妊娠中はよく加熱した食べ物をおすすめします。食中毒のリスクを考えると、半熟卵や温泉卵も避けた方が無難でしょう。

卵についての注意点

卵を食べるときの注意点を、購入・保管・調理方法とそれぞれに分けて見ていきましょう。

購入方法

卵を購入するときは、賞味期限が長い新鮮な卵を選びましょう。また卵をよく見て、ひび割れていないかなどを確認することも大事なポイントです。

保管方法

スーパーなどお店では卵は常温で売られていますが、自宅では必ず冷蔵庫(10℃以下)で保管するようにしましょう。また、賞味期限内に食べきることも大切です。

調理方法

サルモネラ菌は卵の殻に付着していることが多いです。そのため、卵を触ったら必ず手を洗うか消毒しましょう。そして卵を調理したときに使った調理器具も、しっかりと洗っておきます。

卵は使う直前に使用する数だけ取り出し、ひび割れていないかよく見ましょう。もし割れている場合は念のために食べないほうが無難です。また卵を割ったらそのまま放置せず、すぐに調理しましょう。

サルモネラ菌は75℃以上で1分加熱すると死滅します。卵を調理するときは中が半熟状態にならないように気をつけ、しっかり加熱することが大事です。

妊婦が卵を食べるならしっかりと加熱しよう

卵は栄養のバランスが高いため、妊娠中でもとりいれたい食材です。しかし生卵で食べることは、感染症や食中毒の心配から避けた方が無難といえます。

卵を食べるときは衛生面に注意し、しっかりと中まで加熱して食べるようにしましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →