子育てママのお悩み解決メディア
マタニティフォトはしたほうがいい? プロに撮影してもらうメリットとマタニティフォトにベストな時期は?

マタニティフォトはしたほうがいい? プロに撮影してもらうメリットとマタニティフォトにベストな時期は?

マタニティフォトは、妊娠中のママとそのお腹の中にいる赤ちゃんの記念写真です。マタニティフォトを撮るメリットとプロに撮影してもらうメリット、マタニティフォトを撮影するベストな時期についてご紹介します。

マタニティフォトとは?

マタニティフォトは、ふっくらと大きくなった妊婦姿を思い出に残す記念写真です。ママのお腹と赤ちゃんが写る誕生前の家族写真でもあります。お腹の中に赤ちゃんがいる時期だけしか撮れないことから、今日本でもマタニティフォトを撮る女性が増えています。

マタニティフォトを撮るメリットは?

マタニティフォトは、妊娠中というわずかな期間にしか撮れない写真を記念として残しておくことで、良いこともあります。マタニティフォトを撮るメリットをご紹介します。

将来、子どもにママのお腹にいたことを見せてあげられる

子どもは、自分がママのお腹にいた姿を見ることはできません。妊娠中の写メなどを撮影しておけば、生まれてきた子どもにお腹の中にいたことを見せることはできますが、マタニティフォトは妊娠中の妊婦さんのお腹にフォーカスを当てた写真のため、お腹にいたということを子どもにもよりわかりやすく伝えることができます。赤ちゃんの存在がより美しく惹き出されたマタニティフォトがあれば、子どもに「こんな風にママのお腹の中にいたんだ!」という実感を持たせられるでしょう。

子どもに、生まれる前からとても大切に思ってきたことを伝えられる

マタニティフォトは、妊婦のお腹がきれいに見えるように撮る写真です。妊婦姿をセルフで撮影することもできますが、プロのフォトグラファーであればママやパパがどれだけお腹の赤ちゃんのことを大切に感じ、誕生を待ち望んでいるかという気持ちが伝わってくるような優しくあたたかで幸せいっぱいの写真を撮影してくれます。そんなマタニティフォトを見れば、子どもは「生まれてくる前からこんなに愛されていたんだ」と感じられるはずです。

マタニティフォトをプロに撮影してもらうメリットは?

気になる箇所はきれいに修正してもらえる

プロに撮影してもらった場合、妊娠線や体毛など気になる箇所も修正してもらえるため、きれいなマタニティフォトを残すことができます。今はカメラや携帯などで自撮りもできる時代ですが、修正まで行ってよりきれいな思い出写真を作成してもらえるのもプロに撮影してもらうメリットです。

セットや衣装が借りられる

スタジオ撮影であれば、白を基調とした、あるいはナチュラルな雰囲気など理想の空間でマタニティフォトを撮ることができます。また、妊婦姿がより美しくきれいに見えるようなマタニティドレスなどの衣装も用意されているため、自分で購入する手間も省けます。手軽にクオリティの高い写真を撮りたい場合はセルフで撮影するよりもプロに頼んだほうが良いでしょう。

好きな場所で撮影してもらえる

フォトグラファーによっては、海や自宅など好きな場所、思い出の場所などで撮影してもらうこともできます。屋外では天候によって撮影できない場合もあるため、その点に注意しておきましょう。

マタニティフォトを撮るならいつがいい?

妊娠して安定期に入る5ヶ月頃は、まだお腹の膨らみがそれほど大きくありません。一方、臨月では出産に向けて妊婦の体調も変化しやすくなります。そのため、マタニティフォトを撮影するなら妊娠7〜9ヶ月頃がおすすめです。この時期は両手をお腹に当ててもラインが美しく、きれいな妊婦写真が撮影できます。

思い出に残るマタニティフォトを撮影しよう

ウエディング写真などと違い、マタニティフォトは妊娠7〜9ヶ月というたった3ヶ月の期間にしか撮れない貴重な写真です。我が子の誕生を楽しみにしている気持ちも込めて、マタニティフォトで一生の思い出を作りましょう。

いろは

いろはライター・エディター

ASD、ADHD、LDの10歳男児、ASD、ADHD6歳女児と3人で暮らす。早稲田大学在学中に週刊誌の編集アシスタントを経験したことをきっかけに、今に至る。

いろはさんの記事一覧 →