子育てママのお悩み解決メディア
【和痛分娩】体験記~費用も安い!自然分娩から急遽、無痛分娩へ~
2020.06.14 by いろは いろは

予定外での無痛分娩 【和痛分娩】体験記~費用も安い!自然分娩から急遽、無痛分娩へ~

「無痛分娩ってほんとに痛くないの?」「自然分娩にするか無痛分娩にするか、悩む」そう思っている方に、わたしが体験した「無痛分娩」についてお話しします。出産が痛くないのは魅力的。でも、実際に自然分娩か無痛分娩、どちらを選択するかはすごく悩みますよね。

実は、わたしは無痛分娩で出産する! と決めて無痛分娩をしたわけではありませんでした。第一子は自然分娩で出産。第二子も自然出産の予定で陣痛の痛みと戦っていたのですが。「無痛分娩が気になっている」「無痛分娩ママのリアルな声が聞きたい」という方はぜひ最後まで読んでくださいね!


わたしが無痛分娩を選んだきっかけ

わたしはもともと無痛分娩をする予定はありませんでした。第一子は自然分娩。第二子も、同じように自然分娩で出産しようと思っていたのです。ただ、辛すぎる陣痛の痛み……。第一子の出産時よりも耐えがたい陣痛の痛みに、もう無理! と思い「この痛み、どうにかできませんか?」と助産師さんに聞いたのです。すると、「和痛分娩できるよ」と言われ、和痛分娩? 何それ? でも、この痛みから解放されるならと急遽「和痛分娩」をすることになったのです。とにかく痛みから解放されたい一心で選んだ「和痛分娩」は、結果として大正解!! 自然分娩を経験済みのわたしには、和痛分娩は驚くほど痛みがありませんでした。

無痛分娩より手軽な「和痛分娩」

無痛分娩とは?

一般的な無痛分娩は、背中に痛み止めの注射を打ち、硬膜外腔にカテーテルを挿入した後、麻酔薬を入れる「硬膜外麻酔」という方法です。これは、手術でも使用される局所麻酔です。無痛分娩出産では、この麻酔で分娩時の下半身の痛みを弱くします。とはいえ、「無痛」といってもまったく痛みがなくなるわけではなく、個人差もあるそうです。費用は病院によって差がありますが、自費で9万円前後が多いようです。わたしが出産した無痛分娩は「和痛分娩」というもので、一般的な無痛分娩とは違います。

和痛分娩とは?

和痛分娩は、陣痛の痛みが最大に強くなったところで鎮痛薬を使用する方法。わたしは、太い注射をブスッと腕に打たれました。でも、たったこれだけで悶え苦しんでいた痛みがスーッと消え、ゼロになったのです。しかも、費用はたったの6,000円でした。これなら、第一子の出産時も無痛分娩にしておけば良かった! とつくづく思いました(笑)それだけでなく、産後のカラダも元気で本当に助かりました。次の章からは、わたしが実際に感じた和痛分娩のメリット、デメリットを詳しく紹介します。

和痛分娩のメリット①痛みがない

わたしの場合は、和痛分娩を選んだことで痛み・苦しみのない出産をすることができました。

和痛分娩のメリット②陣痛の痛みを経験できる

陣痛そして出産の痛みは、経験したことがあるママならご存知の通り、他に類を見ないほど壮絶なもの。無痛分娩を考えているプレママは、陣痛・出産の痛みの情報を知れば知るほど、戦々恐々としていることと思います。わたしの場合は、第一子の出産時を超える人生最大の痛みを和らげてもらい、痛みなく安心して出産できたことは、とてもありがたかったです。

でも、出産で悩むのが「陣痛の痛み」を経験しておいた方がいいのではないかということ。実際陣痛の痛みが始まれば、そんなこと思わなきゃ良かった! と思うママの方が圧倒的に多いと思いますが、出産までの間は「無痛分娩、それとも自然分娩?」とかなり悩むと思います。日本ではまだまだ出産の痛みや苦しみを味わった方がいいという考えもあるようで、ママが無痛分娩を希望しても周囲から止められることも多いと思います。そんな状況だったら、和痛分娩はおすすめです。

和痛分娩は分娩が進み陣痛が強くなってきたときに注射をするので、陣痛の痛みをしっかり経験できるのです。陣痛が強くなり、「痛いーー! もうダメーーー!!」と思ってからの注射なので、有り難さは倍増です(笑) 陣痛の痛みをしっかり経験し、その後、痛みナシで出産できるのが「和痛分娩」というイメージです。

和痛分娩のメリット③急な希望でも対応してもらえる

わたしのように、押し寄せる陣痛の痛みに「む、無理!!」と思ったときに急にできる和痛分娩。硬膜外麻酔を使用する無痛分娩の場合は、予め入院日を決めたり同意書を書いたりする必要がありますが、注射1本の和痛分娩は自然分娩をしようと思っていて陣痛の痛みに耐えかねたときからでも選択できる無痛分娩なので、これから出産されるママ・プレママは選択肢のひとつとして知っておくといいと思います。

和痛分娩のメリット④産後のカラダが元気!

「出産後、カラダの疲労感がすごかった」「出産後、カラダがボロボロで大変だった」なんて話を聞いたことがありませんか? わたしも、第一子を自然分娩で出産したあとは、カラダのあちこちが痛くてたまらない。その上、疲労感も強い。なのに赤ちゃんのお世話はしなきゃいけない……と、かなりボロボロの状態でした。

でも第二子を無痛分娩で出産したあとは、産後とは思えないほどカラダが元気! 元気いっぱいすぎて、パパやおばあちゃんに「なんでそんな元気なの?」「さっき産んだばっかりだよね?」と言われるほどでした(笑)  出産の痛みを我慢する時間がかなり少ないので、体力を消耗しない和痛分娩は、産後の生活の大きな助けとなります。

和痛分娩のデメリット・頭がボーッとする

無痛分娩は、痛みがない出産ができて、産後のカラダのダメージも少なくてとってもすばらしい! みんなにオススメしたい! と思っていますが、1つだけデメリットがありました。

それは、頭がボーっとすること。わたしは注射を打ったあと、すぐに眠ってしまい、目が覚めたら分娩台の上に。そしてすぐに出産が始まったのですが、半分夢の世界にいるような、視界にモヤがかかっているような、とにかくボーッとした状態。分娩の痛みがないので冷静に出産できたので、周りの状況などもよく覚えていますが、とにかく頭がボーッとしてるなぁと感じていました。

でも薬が切れたら、頭もスッキリしましたよ。

和痛分娩まとめ

無痛分娩は、陣痛の痛みを和らげながら出産ができるすばらしい分娩方法です。わたしは第二子の出産方法として、無痛分娩の一種である「和痛分娩」を選びました。

一生でいちばんともいえる分娩の痛みを軽減できるのは、とても大きなメリットです。さらに痛みの少ない無痛分娩のおかげで、カラダのダメージもかなり少なかったようです。そして気になるデメリットは、わたしの場合は少し頭がボーっとした程度。第二子で無痛分娩をしたわたしは、上の子もいて、さらに赤ちゃんのお世話にと産後休む間もなくママとして動かないといけない状況で、カラダが元気だったことがいちばんのメリットでした。もし次の出産があるのなら、痛みも少なく費用も格安な和痛分娩にしようと思っています。

無痛分娩か、それとも自然分娩か。出産方法の悩みの参考になればうれしいです。

いろは

いろはライター

港区麻布にこじんまりとひっそり暮らすシングルマザー。長男小3は自閉症スペクトラム症、ADHD、LD。5歳長女は自閉症スペクトラム様症状が増大中。これまで不登校だった長男に変わり、不登園を貫く長女と毎日濃密な時間を過ごす。子どもたちのおかげでたくさんの人から優しさを享受中

いろはさんの記事一覧 →