子育てママのお悩み解決メディア
【リアル体験】妊娠中の赤ちゃんの言葉かけ効果! 顔、性格も思い通りに!?

【リアル体験】妊娠中の赤ちゃんの言葉かけ効果! 顔、性格も思い通りに!?

「妊娠中の赤ちゃんへの言葉がけの効果について知りたい」と思いませんか?

妊娠中にお腹の中の赤ちゃんへの言葉かけで、その後の人格に高い効果があるのなら、積極的にやっていきたいと思いますよね。妊娠中の赤ちゃんへの言葉かけは、ママと赤ちゃんの絆ができる、赤ちゃんがママの声に安心するという効果があるといわれています。

今回は、妊娠中の赤ちゃんへの言葉かけの効果についてご紹介します。また記事の最後には、言葉かけのリアル体験談もご紹介させていただきます。

「妊娠中の言葉かけの具体的な効果を知りたい」「妊娠中の赤ちゃんへの言葉かけの方法を知りたい」という方はぜひ最後まで読んでくださいね。

妊娠中の赤ちゃんへの言葉かけ効果①ママとの絆ができる

妊娠中の赤ちゃんに言葉かけをすると、ママと赤ちゃんの絆ができるという効果があります。なぜなら、お腹の中にいる赤ちゃんを実際に見ることができなくても、言葉かけをすることで存在をリアルに感じることができるからです。

ママ自身が思ったこと、これからママが〇〇するよなど、どんな内容でも言葉にしてお腹の中の赤ちゃんにたくさん話しかけてみましょう。

妊娠中に赤ちゃんに話しかけるときは、「胎児ネーム」もしくは「つけようと思っている名前」で呼ぶことで絆が強まります。例えば、

「〇〇ちゃん、朝だよ〜。おはよう!」

「〇〇ちゃん、今日は暑いよ〜。お腹の中はどう?」

「〇〇ちゃん、今日はパパがお休みだよ〜。嬉しいね」

「〇〇ちゃん、もうすぐ予定日だね。一緒にがんばろうね〜」

など、ママであるあなたが思っていること、感じたことをなんでも話しかけましょう。言葉かけをすることで日に日にお腹の赤ちゃんへの愛着が増し、絆が強くなっていきます。

妊娠中の赤ちゃんへの言葉かけ効果②ママの声に安心する

妊娠中の赤ちゃんにママが言葉かけをすることで、赤ちゃんは安心します。なぜなら、赤ちゃんにとってママの声は特別だからです。

妊娠6ヶ月頃から、赤ちゃんはママの心音や、体内に血が流れる音などが聞こえるようになります。そして、妊娠7〜8カ月頃になると外の声が聞こえるように。パパの声や外の世界のさまざまな音を聞くことができるようになりますが、いちばんよく聞こえるのが、ママの声です! 妊娠中の赤ちゃんはママの体内にいるため、ママの体の振動を伝い、ママの言葉がとてもよく聞こえるのです。

妊娠中の赤ちゃんはママの身体の一部。ママは赤ちゃんにとって命であり、唯一無二の特別な存在です。そんなママの声はお腹の赤ちゃんにとって特別な声です。お腹の中にいる時からどんどん言葉をかけて、赤ちゃんを安心させてあげましょう!

【体験談】妊娠中の赤ちゃんへの言葉かけ効果③顔も性格も言葉かけで思い通りに!

最後に、私が妊娠中に行った赤ちゃんへの言葉かけの効果をご紹介させていただきます。私の場合は、一人目を妊娠中に、パパが「目はママ似、性格はパパ似で、長い足になるんだよ〜」と何回も何回も繰り返し話しかけていました。

受精した段階で、容姿は決まっているんだから、そんなこと言っても無駄なのに、と私は内心思っていました。でも、上の子はパパが言った通りの姿に成長しているのです! パパ方もママ方も、みーんな短足なのに、上の子だけがなぜかとってもスラリと足長なのです。不思議です(笑) 遺伝的に足が長いというのはありえないし、顔も性格も妊娠中に言葉かけした通り! 偶然かもしれませんが、赤ちゃんが言葉を聞いてくれて、それに応えようとしてくれたのではないか、と思えるほどのことなのです。

幼い子ほど、親の希望に沿ってくれようとします。だから妊娠中の赤ちゃんは、もっと両親の希望の通りになりたい! と思ってくれるのかもしれません。もしかしたら(笑)騙されたと思って、お腹の赤ちゃんに言葉をかけてあげてみてください。容姿は希望通りにならなかったとしても、愛情の絆はしっかりと育まれます。

妊娠中の赤ちゃんへの言葉かけまとめ

妊娠中の赤ちゃんへの言葉かけは、赤ちゃんとの絆が深くなる、ママの声に安心するという効果があります。

また言葉かけをすることで、ママの母性が目覚める、母になる実感が湧くなど、気持ちの変化も生まれやすくなります。妊娠中だからこそ、日常的にお腹の赤ちゃんに話しかけてみましょう。

その効果を実感できるかどうかは赤ちゃんが誕生したあとしか分かりませんが、我が子が体内にいるというとっても幸せな時間を、ぜひ大切に、そして楽しみ長ら過ごしてくださいね!

いろは

いろはライター

港区麻布にこじんまりとひっそり暮らすシングルマザー。長男小3は自閉症スペクトラム症、ADHD、LD。5歳長女は自閉症スペクトラム様症状が増大中。これまで不登校だった長男に変わり、不登園を貫く長女と毎日濃密な時間を過ごす。子どもたちのおかげでたくさんの人から優しさを享受中

いろはさんの記事一覧 →