子育てママのお悩み解決メディア
産後4ヶ月は体の不調で不安がいっぱい。あなたのなぜ?を解決へ導く

産後4ヶ月は体の不調で不安がいっぱい。あなたのなぜ?を解決へ導く

出産を終えると大変な育児が待っていますが、自分1人の体になったことで動きやすくなり、多少の無理をしてしまいがちです。

育児に慣れてきた4ヶ月頃。しかし、何故か体調が良くなくて、不安になっていませんか?

その原因と解決方法をご紹介します。

産後のおりものと不正出血はなぜ?

産後4ヶ月ほどたって、おりものの量が増えてきたり、おりものに血が混じっていたりしませんか?いくつかの理由が考えられます。

授乳をしていなくても、産後3、4ヶ月は排卵が抑制されており子宮内膜が不安定な状態。少し子宮内膜が厚くなると、剥がれ落ちて出血するのです。生理が正常に戻れば不正出血はなくなります。

悪露が子宮内に残っている場合も、同様に不正出血が見られます。産後の1ヶ月健診で診てもらえますが、少量の悪露が残っていることもあるのです。

他には、出産の時に会陰を縫合した場合は、その影響で出血することもあります。該当する方は、産婦人科で相談してみて下さい。

心配なのは、病的な出血の場合です。子宮癌や腫瘍の可能性もあるため、どんな出血やおりものであっても、一度産婦人科で診察されることをおすすめします。

産後の腹痛や腰痛は大丈夫?

出産後、お腹が痛いけど原因が不明だったり、腰が痛くてどんな姿勢でもつらく感じたりすることはありませんか?その原因をご紹介します。

産後4ヶ月で考えられる腹痛とは

産後4ヶ月くらいになると、生理が再開する人も出てきます。出産をしたことで生理前の体調が変化し、生理痛を感じやすくなる人もいるようです。

出産後はホルモンバランスが安定していないことから、生理痛を感じやすくなっている可能性も考えられます。

また、子育てによるストレスが原因でお腹が痛くなる場合も。気持ちが軽くなるよう、誰かに話を聞いてもらったり、子育てを協力してもらえるようにして、ストレスを軽減させていきましょう。

産後4ヶ月での腰痛を改善するには

産後は腹筋が緩むため、お腹にうまく力が入りません。そのため、腰に負担がかかり腰痛を引き起こします。 子育ては腰に負担がかかる動作が多いため、とてもつらいですね。緩んだ腹筋を鍛えて腰への負担を軽減してあげましょう。

腰のストレッチやマッサージも効果的です。眠る時は仰向けに寝ることで、体重が分散されて腰への負荷が減ります。

どうしてもつらい時は、一度産婦人科に確認してから整形外科を受診しましょう。

産後なのに眠いし吐き気が!?

妊娠中にあった眠気や吐き気の症状が、忙しい産後にどうして起こるのか不思議ですね。それは、あなたの体や心の悲鳴かもしれません。

あなたの体は休みたいと訴えているのかも!

産後眠くなるのは、子育てによる疲れはもちろんですが、女性ホルモンが激減したためでもあります。妊娠中は女性ホルモンが活発に分泌されますが、出産後は激減するため、ホルモンバランスの変動により眠気が生じるのです。

長い方だと1〜2年眠気が続くこともあるので、無理をせず眠れる時には眠るようにしましょう。

産後の吐き気は心の疲れ?

「産後うつ」という言葉を聞いたことはありますか?産後3〜4ヶ月ごろになると、育児の不安や疲れから「うつ」を発症することがあります。 吐き気は「うつ」の症状の一つです。

「産後うつ」は、まじめで一生懸命な人ほど発症しやすいと言われています。決して恥ずかしいことではありません。ちょっと心が疲れてしまっただけです。

まずは家族や友達など、信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。子育てはとても大変なので、妊娠前と同じように家事ができなくて当然なのです。

産後4ヶ月 心と体の悲鳴はまだ間に合う

産後は妊娠前と心も体も変わります。原因不明の体調不良に悩んでいるのは、決してあなただけではないので安心してください。

休める時にしっかり休みましょう。心と体の休養をとれば、徐々にいつもの元気が戻ってきます。どうか、焦らずゆっくりやっていきましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →