子育てママのお悩み解決メディア
乳酸菌で妊娠しやすくなる? 妊娠力を上げる《乳酸菌の摂り方・選び方》
2020.09.13 by いろは いろは

乳酸菌で妊娠しやすくなる? 妊娠力を上げる《乳酸菌の摂り方・選び方》

子宮内フローラという言葉を知っていますか? 実は腸内だけでなく、子宮内にも乳酸菌がいることが研究でわかりました。そして、この乳酸菌が、妊娠に大きく関わっていることまでわかったのです。

子宮内の乳酸菌の割合を上げることで、着床・妊娠率を上げることができます。じゃあ、今すぐ乳酸菌を取り始めよう! と思った方は、この記事を読んでください。乳酸菌の摂り方にはコツがあるからです。

そこで、【妊娠しやすい体を作る乳酸菌の摂り方】についてご紹介します。

乳酸菌が妊娠に影響する理由

子宮内には、ラクトバチルス菌という乳酸菌が存在します。これは、いわゆる善玉菌で、腸内フローラにおける善玉菌と同じ働きをしています。この乳酸菌が減少しバランスが崩れてしまうと、膣内や子宮内の雑菌が増えて子宮内膜炎や卵管炎などの炎症を起こし、流産や早産のリスクを上昇させてしまいます。

つまり、妊娠中の乳酸菌は、ウイルス感染や他の菌が増殖できない環境を作ることで、胎児を感染症から守る役割を果てしてくれるのです。

そこでできるのが、体内フローラが好んでくれる食習慣、体作り。腸内・子宮内フローラを改善するために、一番簡単にできることは、善玉菌が好むヨーグルトなど発酵食品とオリゴ糖、食物繊維を摂取することなのです。

妊娠のために、自分に合った乳酸菌を見つけよう

妊娠するためには、乳酸菌を増やすことが大切です。普段、便秘になりやすいと感じているのであれば、妊娠にも影響する腸内フローラも一緒に整えていきたいですね。

まずは、善玉菌が好むヨーグルトなどに含まれている乳酸菌を見つけましょう! 乳酸菌を摂ると、腸内の善玉菌が増え、悪玉菌が減り、便秘が解消し腸内環境が良くなります。

でもこの乳酸菌、なんでもいいわけではありません。腸内環境は人それぞれ。だから、他の人に効果があったヨーグルトが、あなたに合うとは限りません。

自分に合った乳酸菌を見つける方法は、自分が合っていると感じられるヨーグルトをひとつひとつ試していくことです。1つのヨーグルトを2週間食べ続け、便の様子を観察してみましょう。スッキリ出るときのヨーグルトが、あなたにいちばん合った乳酸菌が配合されているヨーグルトですよ。

妊娠のために、乳酸菌は毎日摂ろう

自分に合った乳酸菌でも、たまにしか食べないのなら効果を感じることはできません。腸内環境を整えたいのなら、乳酸菌を必ず毎日摂ることが大切。なぜなら、乳酸菌は長時間腸内にとどまることができないからです。

乳酸菌で腸内環境を整えるためには、必ず毎日乳酸菌を食べ、毎日腸に乳酸菌を送り込むことが大切なのです。妊娠しやすい体作りのために、常に腸内に乳酸菌がある状態を保つようにしましょう!

乳酸菌を摂るのを忘れないためには、朝食べる、ランチに食べるなど、乳酸菌を摂取する時間を固定するのがおすすめです。

乳酸菌の加熱は厳禁!

乳酸菌は、生きたまま腸に送り込むことが大切です。加熱すると乳酸菌が死んでしまうからです。ヨーグルトを温めたホットヨーグルトは美味しいですが、腸内環境を整えることはできません。

また、乳酸菌のサプリメントなどを飲むときも、製造の過程で加熱処理がなされていないものを選ぶようにしてくださいね。

乳酸菌は、食物繊維と一緒に摂ろう

乳酸菌と食物繊維を一緒に摂ることで、腸内環境が整っていきます。なぜなら、食物繊維は腸内の善玉菌を増やし腸内フローラを整えてくれるからです。

食物繊維は、たまに摂るのではなく毎日意識して摂るよう心がけましょう。食物繊維が多い食材は、海藻類、おから、さつまいも、納豆、キノコ類、玄米などです。

毎日の献立を考えるときに「食物繊維は摂れてるかな……?」と考えるとストレスになる場合もあります。ストレスは、腸内環境を悪化させます。だから、無理なく続けられるように、特定の食材で食物繊維を摂取すると決めることがおすすめです。

例えば、朝ごはんは、玄米、納豆、わかめの味噌汁に決めてしまう、という方法です。特に朝食は毎日同じメニューでもストレスになりづらいので、ぜひ実践してみてくださいね。

まとめ

これから妊娠したい、また妊娠中の方に欠かせない乳酸菌。腸内と子宮内の善玉菌を増やすことで、妊娠率は上がり、便秘も解消していきます。

そもそも、2015年までは子宮内は無菌状態であると考えられていましたが、研究によって子宮内にも最近が存在していることがわかったばかり。どうしても妊娠が難しい場合は病院で相談することがおすすめですが、まずは毎日、乳酸菌を意識した食事を摂ることです。

自分にピッタリと合った乳酸菌を見つけ、加熱せずに毎日、食物繊維と一緒に取りましょう。腸は、第二の能と言われるとても大切な臓器、そして子宮は妊娠に絶対に欠かせない大切な臓器です。乳酸菌で腸内・子宮内フローラを整え、妊娠しやすい体作りに取り組みましょう!

※参考 
http://www.kanagawa-art.jp/kaadmin/wp-content/uploads/2018/11/9a83a8832d4164a852e6367040613e34.pdfhttps://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/rmb2.12250

いろは

いろはライター

港区麻布にこじんまりとひっそり暮らすシングルマザー。長男小3は自閉症スペクトラム症、ADHD、LD。5歳長女は自閉症スペクトラム様症状が増大中。これまで不登校だった長男に変わり、不登園を貫く長女と毎日濃密な時間を過ごす。子どもたちのおかげでたくさんの人から優しさを享受中

いろはさんの記事一覧 →