子育てママのお悩み解決メディア
妊娠中のカフェイン摂取量ってどのくらい?紅茶やお茶は大丈夫?

妊娠中のカフェイン摂取量ってどのくらい?紅茶やお茶は大丈夫?

カフェインの摂取は控えるように言われたけれど、どのくらいまでなら摂ってもOKなのか、どの食品ならいいのかを知りたい!と思っている妊婦の方も多いでしょう。

妊婦が摂取して良い1日の上限量は、200mg~300mgです。今回は、妊娠中のカフェイン摂取量やリスク、カフェインが多く含まれる食品について解説していきます。

妊娠中のカフェインが良くない理由

妊婦さんが、カフェインの摂取を制限される主な理由は2つあります。流産の可能性や、赤ちゃんが発育不良になる可能性があるからです。

流産の可能

1日のカフェイン摂取量が150mg未満の妊婦と300mg以上の妊婦では、流産の可能性が2倍になるといわれています。

また、コーヒーを1日8杯以上飲むと死産のリスクを高めるといった報告もあるので、カフェインの過剰な摂取は控えた方が良さそうです。

発育不良の可能性

カフェインを摂取することにより、胎盤の血流速度を低下させる可能性が指摘されているため、赤ちゃんの発育不良に繋がることも。結果、低出生体重児として産まれ、将来の発育や健康に影響を及ぼすことも考えられています。

妊娠中のカフェインの摂取上限は?

世界保健機関(WHO)では、妊婦さんが1日に摂取して良いカフェインの上限を200mg~300mgとしています。コーヒーに換算すると、カップで3~4杯になります。

妊娠前に日常的にコーヒーを飲んでいた人は、食後に1杯だけ飲むというように、ルールを決めておくといいでしょう。

注意したい飲み物と食べ物

カフェインはコーヒーだけに含まれているわけではありません。コーヒー以外でも、気を付けておきたい飲み物と食べ物の代表を紹介します。

飲み物

カフェイン=コーヒーのイメージが強い人も多いと思いますが、紅茶や玉露、コーラなどにも含まれています。コーヒーを1日3~4杯におさえているから大丈夫というわけではありませんので、覚えておきましょう。

  • コーヒー(150ml):80~120mg
  • 紅茶(150ml):60~80mg
  • 玉露(150ml):240mg
  • ほうじ茶(150ml):40mg
  • ココア(150ml):20mg
  • コーラ(340ml):60mg

食べ物

カフェインを含む食べ物の代表格と言えば、チョコレートです。チョコレートといっても種類があり、カフェイン含有量も異なります。

  • ミルクチョコレート(25g):7mg
  • カカオ70%ハイカカオチョコレート(25g):21mg

いずれも、コーヒーや紅茶などの飲料系に比べたら含有量は少な目ですが、注意が必要です。

できればカフェインレスの物で代用を!

流産や赤ちゃんの発育不良のリスクを高めるカフェインですが、摂りすぎなければ良いということでもありません。カフェインには覚醒作用や興奮作用などがあります。

人によっては効果がありすぎて、睡眠を妨げてしまうこともあるため、できればカフェインレスやデカフェで代用して、妊娠期間を過ごしましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →