子育てママのお悩み解決メディア
とにかく眠い!妊娠初期の眠気はいつまで続くの?

とにかく眠い!妊娠初期の眠気はいつまで続くの?

妊娠初期には、つわりなどの症状だけでなく、つらい眠気で悩む人も多いようです。寝ても寝ても眠いと困っていたら、妊娠していた!ということも。日中に寝られればよいですが、仕事をしていたり、上の子のお世話があったりして眠れない場合は大変です。今回は、妊娠初期に起きやすい眠気について解説します。

妊娠初期に眠いと感じる人が多い理由

妊娠初期に眠気を感じる人が多いのは、ホルモンバランスの変化が影響していると考えられます。妊娠すると、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増加します。プロゲステロンは赤ちゃんがお腹の中で育つ環境を作ったり、母乳分泌の準備をしたりするホルモンです。妊娠を継続するには不可欠なホルモンですが、総じて体を休ませようとするので、眠いと感じる人が多くなるようです。

また、つわりによる吐き気や妊娠による情緒不安定などにより、夜の睡眠の質が下がってしまい、日中の眠気につながることが考えられます。

つらい眠気はいつまで続くの?

妊娠初期の眠気は、夜の眠気とは比べ物にならないほどつらく、日中の生活に支障がでてしまうこともあります。特に仕事をしている方は、業務中に寝てしまったり、頭が働かなくて周囲に迷惑をかけてしまったりすることも。

眠気は妊娠中期になったら治まったという人もいれば、出産まで続いたという人もいて、個人差があります。お腹が大きくなると苦しくてなかなか眠れなくなり、夜の睡眠の質が下がってしまうために、日中の眠気がずっと続くというケースもあるようです。

眠いけど眠れなくてつらい時の対処法

妊娠初期の眠気はホルモンバランスの変化によるものなので、眠いと思ったら眠るのがいちばんです。しかし、日中仕事をしている方や育児をしている方は、そうもいきません。ここからは、つらい眠気の対処法を紹介します。

ガムや炭酸飲料を口にする

眠気は口に何かを入れておくことで抑えることができます。ガムを噛んだり、炭酸飲料で口の中を刺激したりすれば、周りに知られずに眠気対策ができます。眠い時にはコーヒーを飲みたくなりますが、妊娠中はカフェインの摂取量に注意が必要なので、飲み過ぎには注意をしましょう。

冷たい水で顔を洗う

眠い時は、交感神経よりもリラックスを促す副交感神経が優位になっている状態です。冷たい水で顔を洗うことで、交感神経が活発にはたらき、眠気を抑えることができます。仕事中に顔を洗えない場合は、冷たいおしぼりを顔に当てるのもおすすめです。

夜の睡眠の質を上げる

つわりなどにより夜の睡眠の質が落ちている場合は、寝室の環境や寝る体勢を変えることでよく眠れるようになり、日中の眠気を抑えられるかもしれません。リラックスできる通気性のよいパジャマに変えたり、お腹が大きくなってきたら足の間にクッションを挟んで寝るのもおすすめです。

眠気はしばらく続くかも。乗り切る工夫を!

眠いのがいつまで続くかは個人差があるようです。この眠気はホルモンバランスによるものなので、眠いときには体を休めるのがいちばんです。眠くても寝られないという時には、ガムや飲み物を口にしたり、顔を洗ったりして乗り切りましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →