子育てママのお悩み解決メディア
妊娠中の顔にポツポツ、口周りはカサカサ!肌荒れの原因と対策とは?
2020.09.23 by Hanakoママ Hanakoママ

妊娠中の顔にポツポツ、口周りはカサカサ!肌荒れの原因と対策とは?

妊娠してから肌荒れがひどくなった気がする…。

妊娠中はつわりや息切れなど、様々な症状に悩まされることが多いのに、さらに肌が荒れているとなるとどんよりした気分になりますよね。

そこで今回は、妊娠中の肌荒れの原因と対策に迫っていきます!

妊娠中の肌荒れは胎児の性別が原因?

「男の子だとニキビが増える」「女の子だとシミが増える」というような噂を聞いたことがあるかもしれませんね。しかし、胎児の性別と妊娠中の肌荒れには、医学的根拠はないと言われています。

妊娠中の肌荒れはほとんどの場合、ホルモンバランスの乱れが原因です。他には、つわりによる栄養の偏りや栄養不足、水分不足が考えられます。

ほとんどの場合はホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれるものがあり、妊娠するとプロゲステロンが多く分泌されます。

プロゲステロンは、皮脂の分泌を促すため、過剰に分泌されてしまった皮脂が毛穴を塞ぎ、肌トラブルを引き起こします。

つわりによる栄養の偏りや栄養不足

個人差がありますが、つわりがひどくバランスの良い食事をとれていない人は、栄養不足によって肌荒れが起きることも。しかし、吐きづわりにより食べても戻してしまう場合は、バランスなど考えられません。

水分不足による便秘

妊婦は代謝があがり発汗量やトイレの回数が増えるなど、水分が出ていきやすい状態です。さらに、つわりで食事からの水分摂取も期待できないとなると、体内の水分が不足していきます。

水分不足になると引き起こされるのが便秘です。便と一緒に出ていくはずだった老廃物が体内にとどまり続けると、肌の不調を引き起こす原因となります。

妊娠中の肌荒れを防止する対策は?

積極的に行いたい対策は3つ。肌に優しい化粧品を選ぶこと、水分を多めにとること、ビタミンCを摂取することです。

低刺激の化粧品をチョイス

妊娠中は妊娠前より肌が敏感になりがちです。妊娠前に使用していた化粧品や保湿剤が、合わなくなることはよくあります。妊娠中のデリケート肌に合うように化粧品は添加物フリーの低刺激なものに切り替えましょう。

水分補給を多めに

妊娠していない人の1日の水分摂取量の目安は1.5~2リットルと言われていますが、妊娠中は2リットルを目安に水分を摂取しましょう。

つわりで食事がとれない人も、水分補給だけでもしっかりしておかないと、母子ともに危険な状態になることも。 水分すら取れない状態が続くのであれば、早めに病院を受診しましょう。

積極的にビタミンCを摂取して

ビタミンCはコラーゲンの生成を促すため、肌荒れ予防や改善に効果が期待できます。柑橘系のフルーツや、小松菜、ブロッコリーなどの野菜を積極的に摂取しましょう。食事が難しい人はサプリメントを活用するのもありですよ。

ひどい時は我慢せずにすぐに皮膚科へ

妊娠中はなにかと不安でイライラしがちです。肌トラブルによるさらなるストレスを招かないためにも、肌に触れるものの質にこだわったり、水分補給を意識的にしたりして、予防改善に努めましょう!

肌荒れが続く、症状がひどい場合には我慢せずに皮膚科に行くことをおすすめします。悩んでいた時間がもったいないくらいあっけなく治ってしまうかもしれませんよ。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →