子育てママのお悩み解決メディア
出産後は妊娠しやすくなる?妊活を始めるタイミングや注意点を紹介
2020.09.30 by Hanakoママ Hanakoママ

出産後は妊娠しやすくなる?妊活を始めるタイミングや注意点を紹介

産後は妊娠しやすくなるという話を聞いたことがある方も多いでしょう。 実際は、「妊娠しづらいけど可能性は0ではない」ようです。 今回は、産後に妊娠しにくい理由や妊活を再開するタイミングなどを紹介します。

年子にしたい!出産後、最短で妊娠を望む場合

出産後は、身体がいつもと違う状況であるため、妊娠しやすいタイミングも分からなくなります。ただ、生理が再開していないからといっても絶対に妊娠しないというわけでもありません。

妊活を始めるタイミング

妊活を始めるタイミングに、明確な時期はありません。なぜなら産後は、夜泣きや夜間授乳で、基礎体温など、妊娠しやすい時期を知るための正確なデータが取れません。

データが取れないとなると、排卵のタイミングが分かりづらくなります。排卵が再開するタイミングにも個人差があり、一概に妊活を開始するタイミングと言える時期は存在しません。

生理なしでも妊娠するの?

産後はじめての月経を迎えるまでは、70%以上が無排卵です。しかし、30%は排卵があるため、夫婦生活とのタイミングが合えば、妊娠の可能性は十分に考えられます。

妊娠を望まないのであれば、生理が再開していなかったとしても避妊具をつけるようにしておきましょう。

出産後は妊娠しやすくなるの?しにくいの?

産後は妊娠しにくくなります。理由は、ホルモンバランスの変化によるもの。ただ、絶対に妊娠しないということはありません。

ホルモンバランスの変化が関係

産後は「プロラクチン」というホルモンが急増。プロラクチンは、母乳の分泌を促したり、排卵や妊娠に関わるホルモンである「エストロゲン」や「プロゲステロン」を抑制したりする働きがあります。

したがって、プロラクチンが優位な間は排卵をしないことが多く、妊娠しにくい時期と言えます。ただ、個人差が強いため、明確な期間はなく、いつ排卵が始まってもおかしくない状況です。

産後すぐの妊娠を望む時の注意点

産後すぐに妊娠を望む場合でも母体の回復が優先です。痛みや気乗りしない場合は無理をせずに少し期間を空けましょう。また、帝王切開で出産したのであれば、最低でも1年は期間が必要です。

無理をしない

気分が乗らないときや夫婦生活の途中で痛みを感じた場合は、すぐに中断しましょう。産後1ヶ月を目安に夫婦生活を再開しても良いというのが一般的ですが、ママの身体は想像よりも傷ついています。

また、赤ちゃんのお世話で寝不足が続き、精神的な余裕がないという方は多いはず。産後すぐの妊娠を望んでいたとしても、絶対に妊娠するという確証もないため、無理をするのは良くありません。

帝王切開で出産した場合は1年ほど期間が必要

明確な根拠はありませんが、帝王切開で出産した場合、子宮の傷が治るまでの目安として1年は妊娠を控えた方が良いようです。1年を待たずに妊娠してしまった場合、出産時に子宮の縫合部分が避けてしまうことも。

ただ、状況によっては1年よりもっと間をあけた方が望ましい場合あります。万が一のことも考えて、夫婦生活を再開するタイミングは医師に相談しましょう。

出産後の妊娠は絶対に無理をしないこと!

出産は、心も体もダメージを受けます。その満身創痍の中、昼夜が逆転した赤ちゃんのお世話を行い、精神的にもギリギリなんてことも。

産後に無理をしてしまうと、状況によっては次回の妊娠に響く可能性がでてきます。産後すぐの妊娠を望んでいたとしても、まずは母体の回復を優先して、様子を見ながら夫婦生活を再開していきましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →