子育てママのお悩み解決メディア
高齢出産は危険なの?妊娠する前に知っておきたい高齢出産のリスク
2020.09.28 by Hanakoママ Hanakoママ

高齢出産は危険なの?妊娠する前に知っておきたい高齢出産のリスク

高齢出産が増加する現代において、40歳前後で出産することも決して珍しいことではありません。ただ、高齢出産にはリスクが伴うこともあります。

そこで今回は、妊娠する前に知っておくべき高齢出産のリスクを紹介します。

そもそも高齢出産は何歳から?

日本産科婦人科学会によると、35歳以上で初めて出産することを高齢出産といいます。35歳を過ぎると卵子が老化して受精しにくくなるため、徐々に妊娠しづらくなるのが現状です。

しかし、厚生労働省が発表した2018年のデータによると、40歳以上で出産した割合は全体の約6%もいることが判明しました。また、40代での初産の割合も2015年より増加しているのが大きな特徴です。

高齢出産のリスク

一般的には、25歳から35歳前後が妊娠に適した時期だといわれています。それは高齢出産にはさまざまなリスクが伴っているからです。そこで、高齢出産のリスクについて解説します。

難産になるケースが目立つ

高齢で初めて出産する場合、産道や子宮口が硬くなっていることが多いため難産になりすく、母子に危険が生じることを避けるために帝王切開になる確率も高くなります。

また、若いときに比べて体力も落ちているため、術後の回復に時間がかかることも。母体はもちろん、赤ちゃんにまでリスクが伴う危険性があるのです。

ダウン症の発生率が高まる

高齢出産では、子どもが生まれつきの疾患であるダウン症候群になる確率が高くなるといわれています。これは、母体の年齢が上がれば上がるほど卵子も老化するので、受精卵に染色体異常が発生する確率が高まるからです。

ある調査では、31~36歳の女性の受精卵異常率が19%であるのに対し、37~41歳の女性では46%になるという結果が出ています。

流産する確率が高まる

妊婦さんが流産する原因はさまざまですが、妊娠初期における流産のほとんどは受精卵の染色体異常によるものが大きいとされています。

高齢出産の場合は、卵子に染色体異常が起こりやすいため流産の確率も上がってしまいます。海外のある調査によると、40歳以上で流産する確率は約50%というデータもあるほどです。

高齢で出産するメリット

高齢出産はデメリットばかりではありません。逆に、高齢出産だからこそ得られるメリットもあるのです。

たとえば、若い人よりも人生経験が豊かなので初めての育児でも柔軟に対応できたり、経済的にも比較的余裕がある人が多いのでお金の不安を抱えることが少なかったりすることがあります。

また、自分の時間をたっぷり堪能してから母親になるため、子どもがいる生活を楽しめる人も多いようです。

高齢出産はデメリットだけじゃない!

高齢出産と聞くとデメリットばかり注目されますが、高齢で出産するからこそ得られるメリットがあることも事実です。

もちろん高齢出産におけるリスクを考慮する必要はありますが、ポジティブに捉えて高齢出産に挑みましょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →