子育てママのお悩み解決メディア
高齢出産はママ友ができないって本当?きっかけ作りのコツを紹介

高齢出産はママ友ができないって本当?きっかけ作りのコツを紹介

晩婚化が進み、4人に1人が35歳以上の高齢出産をするといわれています。高齢出産をしたママが、子どもを連れて児童館や支援センター、幼稚園や保育園に通い始めると、気になるのはママ友作り。ところが高齢ママは「ママ友が作りにくい」と感じることが多いようです。今回は、高齢出産をしたママがママ友を作るコツを紹介します。

高齢ママがママ友を作りにくいと感じる理由

なぜ高齢出産をしたママは、ママ友を作りにくいと感じるのでしょうか。

話が合わないかもしれないと心配だから

児童館などで、自分よりも若いママたちが楽しそうに話していると「話が合わないかもしれない」と思ってしまうことがあります。

実際には、ママ友の会話は育児の話が多いので、年齢は気にならないという人が多いようですが、高齢出産をしたママは不安に感じることもあるようです。

外見に引け目を感じるから

流行の服を着て、しっかりメイクをしている若いママたちが集まっていると、高齢出産をしたママは自分の外見に引け目を感じてしまうことがあります。

実際には「無理に若作りをしたママよりも、年齢に合ったファッションを着こなしている方が親しみやすい」と考えるママが多いようです。

年齢を気にせずママ友をつくるコツ

若いママたちは年齢が離れているか気にしていないというものの、いざママ友を作ろうと思っても、どうすればよいか分からないこともありますよね。ここからは、高齢出産をしたママがママ友を作るコツを3つ紹介します。

積極的に声をかける

受け身の姿勢でいては、ママ友はなかなかできません。児童館や支援センターで、同じくらいの月齢の子どもを連れたママがいたら「何ヶ月ですか?」などと声をかけてみましょう。控えめにならず、積極的に声をかけることが大切です。

育児の話だけをする

ママ友との会話は、基本的に育児のことです。育児以外で経験が豊富な高齢ママは、つい仕事や夫の役職の話などを持ち込んでしまうかもしれません。場合によってはタブーの内容もあるので、育児の話だけにとどめるように心がけましょう。

PTAや役員を積極的に引き受ける

幼稚園や小学校に子どもを通わせている場合、PTAや役員を引き受けるとママ友を作りやすくなります。同学年のママたちからも「役員を引き受けてくれたママ」と好印象になり、よい関係を築くことができます。

ママ友と話すときに高齢ママが注意すること

高齢出産をしたママが、ママ友と話すときに気をつけたいことは、「上から目線で話さない」ということです。

高齢出産をしたママは、仕事や家庭において経験が豊富なことが多いので、つい上から目線で育児に口出しをしてしまいがち。会社で後輩を指導するように、「そろそろ離乳食始める時期じゃない?」などと言ってしまうと、嫌な思いをさせてしまうこともあります。同じ目線で話すことを心がけましょう。

年齢は気にしていない!気が合うかが大切

高齢出産をしたママは「ママ友ができないかも」と心配しがちですが、実は若いママたちは年齢をそれほど気にしていません。年齢よりも、気が合うかどうかを大切にしているようです。「高齢だから」と引け目を感じるのではなく、まずは積極的に声をかけることから始めてみましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →