子育てママのお悩み解決メディア
産休中のお金について紹介!どこから・いつ・いくらもえるの?

産休中のお金について紹介!どこから・いつ・いくらもえるの?

産休を取ると、収入が減り不安になる人も多いのではないでしょうか。産休中にある程度の給与が支払われるのは、よほどの大企業か公務員だけ。

しかし、産休の間は申請するともらえる手当がいくつかあります。そこで今回は、産休中にもらえる手当について紹介しましょう。

産休中は勤務先からお金はもらえるの?

まず、産休中の給与について説明しましょう。

原則として勤務先からのお金は出ない

そもそも給与とは、労働の対価として支払われるもの。そのため、実際に働いていない労働者に対して給与を支払う企業はそう多くはないでしょう。なぜなら、産休は法律で認められた権利ですが、その間の給与の規定はないからです。

産休とは、出産予定の6週間前〜出産後8週間の間は休業できる権利のこと。これはあくまでも権利であって、取る取らないは個人の自由です。ただし、出産の翌日から8週間(医師が認めれば6週間)は、就業できないと法律で規定されています。

産休の間、勤務先から給与が全く出ないのであれば、働かざるをえないというのが実情でしょう。

産休中にもらえる手当とは

産休中に給与が全く出ないとなると、不安はつきないですよね。しかし、給与の代わりにもらえる手当もあるので、しっかりと準備しておきましょう。

出産育児一時金

出産にかかる分娩や入院費用は保険適用外のため、普通分娩であれば高額な費用がかかります。このような経済的負担を減らすために支払われるのが出産育児一時金です。

いくらもらえる?

子ども一人につき、42万円が支給されます。双子の場合であれば84万円、三つ子の場合は126万円となります。

支給額は、住んでいる自治体や勤務先によって変わる可能性も。福祉に力を入れている自治体や充実した福利厚生のある会社であれば、金額が上乗せされることもあります。

いつもらえる?

出産育児一時金は、申請してから2週間〜2ヶ月後に振り込まれます。ただし対象となる人は、健康保険または国民健康保険に加入している人で、妊娠4ヶ月以上の出産をした人です。妊娠85日以後に、死産や流産した場合も支給対象となります。

産後であっても、出産の翌日から2年以内であれば申請可能なため、まだもらっていない!という人は手続きをしましょう。

出産手当金

出産手当金は、産休中に給与が出ない人の給与を補償するための手当です。勤務先の健康保険に加入している人が対象ですが、勤務先から給与の2/3以上が支払われている人は対象外のため注意しましょう。

ただし、勤務先の健康保険ではなく、国民健康保険のほうに加入している場合も対象外です。

また産休中に退職しても、健康保険に1年以上継続して加入していれば出産手当金の対象となりますので、退職したからとあきらめる必要はありません。

いくらもらえる?

出産手当金は、次の計算式で求められます。

出産手当金=日給×2/3×産休で休んだ日数 (日給とは、4月から6月の平均を30で割った金額)

いつ申請する?

出産手当金は、産後56日を経過してから申請の手続きを取ります。通常、申請から1〜2ヶ月後に振り込まれるようです。

産休中の手当を調べてお金の不安をなくそう

妊娠や出産はさまざまな費用がかかるものの、産休中は思うように働けず収入が減ることもあるでしょう。しかしながら、申請することでもらえる手当もあるため、きちんと調べて活用することが大切です。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →