子育てママのお悩み解決メディア
2人目は難産になるって本当?2人目の出産に関する疑問に答えます

2人目は難産になるって本当?2人目の出産に関する疑問に答えます

2人目は難産になると聞いたことはありませんか?1人目の育児が落ち着き、2人目の子どもを考えている方は気になるところですよね。

そこで今回は、そんな疑問に答えるべく、2人目の出産でよくある質問をまとめました。

そもそも難産って?原因は?

2人目の出産の質問にお答えする前に、難産になる原因を説明します。

難産とは

難産とは、時間がかかり過ぎるお産のことです。難産になると、通常は出番のない医者の医療行為によってお産の手助けをすることもあります。

一方、難産と同じく出産でよく使われる言葉に安産がありますが、この安産の医学的な定義はありません。しかし、分娩時にスムーズにお産が進んだときに安産といわれるようです。

難産になる原因

難産になるのは、陣痛や産道に問題がおきたときや、赤ちゃんの頭が大きくてうまく出てこられないなど、さまざまな理由があります。

難産の原因によって対処法も異なりますが、カップを赤ちゃんの頭に吸着して引き出す吸引分娩や、専門的な器具を使用して赤ちゃんを引き出す鉗子分娩が行われるケースもあるのです。

また、分娩の異常で胎児や母体に危険があるときは、緊急で帝王切開をする場合もあります。

2人目の出産に関するよくある質問

それでは、ここからは2人目の出産でよくある質問にお答えします。

1人目安産でも2人目は難産になる?

胎盤の位置や胎児の大きさなどで生まれやすさも変わってくるので、2人目で難産になる可能性もあります。しかし、難産になる出産は初産の場合が圧倒的に多く、2人目以降で難産になるケースはあまりないようです。

2人目の出産はどれくらい時間がかかる?

初産の場合、出産にかかる時間は約12〜16時間ほどかかるのが一般的です。一方、経産婦の場合約5~8時間と初産の時より短縮されます。

出産までにかかる時間は人それぞれですが、経産婦の分娩時間は初産の時の半分の時間で生まれてくると考えてよいでしょう。

初産と2回目の出産の違いはある?

2人目を産んだ人の体験談を聞いたある調査によると、「初産のときと違った」と答える人は全体の9割いることがわかっています。

そして、「初産のときと違った」と答えた人のうち約7割が「初産よりスムーズに出産できた」と回答。一方、初産より時間がかかった人は、全体の約2割という結果になりました。

2人目は難産にならないとはいえませんが、2回目の出産のほうが早く産まれてくることが多いようです。

2人目難産になるかは人によってさまざま!

妊婦さんによって体型や体質も異なるので、一概に2人目は難産にならないとは言い切れません。

ただ実際に2人目を産んだ女性の体験談では、初産よりも2回目の出産のほうがスムーズに赤ちゃんが出てきたことがわかっています。

この結果を考慮して、2人目の子どもを予定するかどうか考えてみましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →