子育てママのお悩み解決メディア
小学生で塾に通わせる必要性って?塾に通うメリットを解説します

小学生で塾に通わせる必要性って?塾に通うメリットを解説します

小学校の低学年から塾に通わせるママがいる一方で、「塾に通うのは必要?」と考えるパパママも少なくありません。

ただ、周りの子どもが塾に通っていたら少し不安になりますよね。そこで今回は、塾に通うメリットを紹介します。

小学生はどのくらい塾に通ってる?

2018年の文部科学省の調査によると、公立の小学生は約4割、私立の小学生は約7割も塾に通っていることがわかっています。「小学生はまだ塾に通わなくても大丈夫」と考える親も多いですが、勉強の遅れを補ったり中学受験に備えたりなど、早くから塾に通わせる家庭が多い結果となっているのです。

塾に通う4つのメリット

塾に通うメリットは、テストの点数を上げることだけではありません。そこで、小学生が通塾するメリットについて紹介します。

苦手科目を克服できる

塾に通うことで、子どもが苦手と感じる科目を克服することができます。本来であれば、わからない部分は学校で解決するのが一番ですが、先生に直接聞きづらいと感じてそのまま放置する子どもも少なくありません。

特に、少人数制を採用する個別指導の塾なら周囲に遠慮することなく講師に質問ができ、苦手分野だけ集中的に学ぶことも可能です。自分のペースで勉強ができるのが、塾に通う大きなメリットだといえるでしょう。

モチベーションが向上する

学校ではクラス全員のペースに合わせて授業を進めていくので、分からないまま次の問題に進む子どもも多いようです。塾であれば本人が問題を解けるまで徹底的に指導してくれるため、自分の力で解く喜びを感じられます。

自分で問題が解けるようになると勉強することが楽しくなってくるため、モチベーションが向上し、自主的に勉強する習慣も身につけることができるのです。

勉強に集中できる環境がある

自分の部屋で勉強する小学生も多いですが、家の中には漫画やゲームなど勉強の妨げになるものが数多くあります。そのため、宿題を途中で投げ出して漫画やゲームに没頭してしまう子どもも少なくありません。

この状態では、勉強する習慣を身につけることは難しいでしょう。塾であれば勉強の妨げになるものは一切排除されるため、勉強に集中できる環境を手に入れることができます。

中学受験に備えられる

塾の中には、中学受験対策をカリキュラムに取り入れる進学塾があります。小学校で学ばないような難易度が高い応用問題にも取り組むので、中学受験に備えて効率よく準備を進めることが可能です。また、中学受験に関する情報も集められるため、親にとっても役立つでしょう。

塾に通うデメリットはある?

小学校からの通塾は数多くのメリットが存在しますが、デメリットがあるのも事実です。たとえば費用面でいうと、中学受験を対象とする進学塾は年間60~100万円ほど、公立志望者の通塾率が高い補習塾でも10万円〜20万円は必要です。そこに参考書などを買う費用も必要になるので、家計には大きな痛手になるでしょう。

子どもの意思も尊重してあげよう!

中学受験するのか、しないのかでも塾に通う必要性は変わってきますが、塾に通うことで勉強する習慣を身につけられることは間違いありません。勉強をする習慣は中学生においても大切なので、小学生でその基礎を築けるのは大きなメリットです。

しかし、そもそも子ども本人にやる気がなければ、塾に通う意味がなくなる可能性もあります。親の気持ちだけでなく子供の意思も尊重してあげましょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →