子育てママのお悩み解決メディア
子供を私立に行かせたい!学費はいくら?世帯年収や資金準備の方法も

子供を私立に行かせたい!学費はいくら?世帯年収や資金準備の方法も

独自の教育理念に賛同したり、充実した教育設備に魅力を感じたりして、子供を私立に行かせたいと考える親が増えています。

この記事では、子供を私立に通わせるのにかかる費用、実際に通わせている家庭の世帯年収、そして私立に通わせるための学費を準備する方法などについてお話していきましょう。

子供が私立に入るといくらかかる?

子供を私立に通わせたい、でも費用が心配で…、という方は多いのではないかと思います。ここでは、私立に通った場合にかかる費用をご紹介します。

私立幼稚園から私立高校までの15年間

文部科学省の「平成30年度子供の学習費調査」では、子供を私立幼稚園~私立高校に通わせた親が1年間に支払った費用(学校への支払いと、給食費や習い事代などの合計)を公表しています。

私立幼稚園 52万7,916円
私立小学校 159万8,691円
私立中学校 140万6,433円
私立高等学校 96万9,911円

合計すると、18,304,926円となり、公立でかかる5,435,958円の3倍以上となっています。

単に勉強する場所だと考えると、3倍という違いは大きいように思われますが、特に幼稚園や小学校から子供を私立に通わせる親は、環境を重視していることが多いようです。

独自の教育理念に合う教師や生徒が選ばれ集められる場所ですから、その校風に共感する親にとっては、子供が育つのにこれ以上ない魅力だと感じられるのかもしれません。

私立大学の学費

では次に、私立の大学にかかる費用を文部科学省のデータで見ていきましょう。入学した年に支払う授業料と入学金の平均合計金額は次のようになっています。

私立大学(文系) 1,165,310円
私立大学(理系) 1,540,896円

国公立大学は817,800円ですから、例えば理系の私立大学と比べると、私立のほうが2倍近く高いことがわかりますね。

大学で私立を選ぶメリットは、自分の偏差値や得意科目に合った学校を選びやすいことだと思います。

大学の場合、国公立の方が設備はより充実していたり学費が安かったりと私立よりメリットが大きい気もしますが、その分競争率が高く、受験勉強では広い科目・範囲をマスターする必要がでてくるでしょう。そのため、私立を選ぶ生徒も少なくないのが現状です。

世帯年収はいくらなら大丈夫?

さて、おおよその費用はわかりましたが、私立では寄付金や施設維持費などその他の費用も必要になることがあります。ですので、なんとかこの金額が用意できれば大丈夫というものではありません。

それでは、どの程度の世帯年収であれば無理なく私立に通わせることができるのでしょうか?

私立小学校通学家庭の平均年収

文部科学省の「平成28年度子供の学習費調査」によると、実際に私立小学校に子供を通わせている家庭の世帯平均年収はこのようになっています。

年収400万円未満 3.3%
年収400万円~ 6.2%
年収600万円~ 13.1%
年収800万円~ 14.9%
年収1000万円~ 15.6%
年収1200万円以上 46.9%

半数近くの世帯が1200万円以上の年収を得ているようです。小学校の場合、前述のように年間約160万円の費用がかかり、それが6年間続きます。

もちろん家族が生活していくにはその他にもさまざまなお金が必要ですから、収入に対するバランスを考えると、これくらいの余裕がないと難しいということかもしれません。

私立中学校通学家庭の平均年収

次は、私立中学校に子供を通わせている家庭の世帯平均年収を見ていきましょう。

年収400万円未満 4.2%
年収400万円~ 9.2%
年収600万円~ 16.3%
年収800万円~ 18.4%
年収1000万円 17.3%
年収1200万円以上 34.6%

こちらも小学校と同様に、年収600万円からの家庭が増えています。小学校とは違い通うのは3年間ですが、海外研修費や部活関連費、昼食代や予備校費用など、子供が成長したからこそかかるお金もありますので、やはりある程度の収入は必要だといえるでしょう。

子供を私立に行かせる学費を準備するには?

さて、私立では公立の数倍かかることがわかりましたが、こうしたお金をすんなりと用意できそうにない家庭はどうすればよいのでしょうか?

学資保険や積立定期

一度始めれば半強制的に貯められるので、早いうちから取り掛かることで無理なく準備ができます。また、親に万一のことがあった場合に保険料が免除されるので、その点でも安心できるのが特徴です。

学資保険専門のプランナーも存在しますので、興味のある方は一度相談してみるのもよいでしょう。

相場を参考に計画的な準備を

子供の教育費は、住宅費・老後の生活費とあわせて「人生三大費用」のひとつだと言われます。子供を私立に通わせたいと思っている場合は、できるだけ早くからかかる費用を認識し、計画的に準備をしていきたいですね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →