子育てママのお悩み解決メディア
小学校の転校において、子供にとってベストなタイミングを紹介

小学校の転校において、子供にとってベストなタイミングを紹介

小学校の子供がいる家庭で、転勤などによって転校する場合に悩むのが引越しのタイミング。仕事の都合であれば致し方ないとはいえ、できるだけ子供にとって負担のかからない時期を選びたいですよね。

そこで本記事では、小学校に通う子供が転校する場合の3つのタイミングと注意すべきことについて説明します。

小学校の転校はどの時期がベストなの?

小学校で転校するタイミングは、次の3つが考えられます。

子供が進級するタイミング

なんらかの事情でどうしても転校をしないとならない場合は、子供の進級に合わせて転校するのがベストでしょう。転校先でも、クラス替えによって新しい友達と1年がスタートする時期です。年度途中の転校よりも、新しいクラスに馴染みやすいでしょう。

夏休みや冬休みなどの長い休みの間

夏休みや冬休みなどの長い休みの間に転校することもひとつの選択です。休み期間なので、子供の学校を気にせず引越しの準備や片づけに集中できます。親のほうも余裕をもって子供に寄り添ってあげられるでしょう。

さらに通常であれば、小学校の2学期は運動会などで行事が多い学期。転校しても、友達になるキッカケがたくさんあり馴染みやすいでしょう。

大きな行事の後

転校時期が転校先の発表会や運動会の直前だと、子供にとって大きな負担です。子供の性格にもよりますが、新しい場所に慣れるのはかなりのストレス。ましてや、自分だけが満足に練習していない行事に参加しなければならないのは居心地が悪いものです。夫が先に新天地へ行き、ママと子供は後から行くなど配慮してあげましょう。

低学年の引越しで注意すべきこととは

子供が低学年であれば柔軟性が高く新しい環境に慣れやすいといえます。転校先の子供たちも、新しい友達に興味を持ち面倒をみてくれるでしょう。ママやパパも積極的に地域のコミュニティに参加するようにすると、家族ぐるみで新しい土地に早く慣れることができます。

また勉学の面においても、低学年ではそれほど差が出る時期ではないのでついていけないという状況もほとんどありません。卒業までいっしょに過ごす時間も長く、転校先でも新しい友達とたくさんの思い出を作ることができます。

高学年の引越しで注意すべきこととは

高学年ともなると、仲良しグループがすでに出来上がっていることがほとんどです。とくに男の子と比べて女の子は、仲間意識が強いため馴染むのに時間がかかることもあるでしょう。

さらに修学旅行など大きなイベントをいっしょに過ごしていないと、仲間意識が薄いまま卒業ということもありえます。勉学の面でも、転校先が進学校であれば勉強の進みも早く追いつくのが大変ということも。

子供が高学年の引越しは家族の配慮が欠かせません。早く馴染めるようにスポーツクラブに入ったり、友達を遊びに誘ったりと積極的に働きかけることが大切です。

小学校の転校は子供の気持ちが大切

新しい場所への転校は、親子ともどもストレスがかかります。とくに子供は学校の友達関係が非常に重要なので、早く新しい学校に馴染めるようにサポートしてあげることが大切です。なるべく子供の気持ちに寄り添ってあげましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →