子育てママのお悩み解決メディア
転校で性格は変わる?良いほうへまたは悪いほうへ変わるきっかけは?

転校で性格は変わる?良いほうへまたは悪いほうへ変わるきっかけは?

転校は子どもにとって大きなイベントです。転校することで性格が変わる子どもも少なくありません。良いほうへ変わればいいのですが、場合によっては悪いほうへ変わることも考えられます。

そこで本記事では、転校によってなぜ性格が変わるのか、そのきっかけを紹介しましょう。

転校で良いほうへ性格が変わるきっかけとは

転校によって、性格が良いほうへ変わるきっかけとはどのようなものでしょうか。ここでは2つ紹介しましょう。

いじめから解放される

もともと通っていた学校になじめずいた場合、転校で解放され性格が明るくなることがあります。新しい環境を求めてあえて転校する子どももいるでしょう。転校先の土地柄や雰囲気が合えば、転校は良いきっかけとなります。

いろいろな価値観が身につく

転校することで、さまざまな価値観が身につくことも。たとえば東京と大阪とでは、人との距離感や話す内容が異なります。場所が変われば、方言や普段食べるものすら異なるということは珍しくありません。転校して多くの人と触れ合うと、いろいろな価値観があることを実感として学びます。

また、コミュニケーション能力が自然と身につくでしょう。新しい場所で友達をつくるのは、ある程度は自分の努力次第。仲間に入れてほしいと自分から声をかけたり友達を誘ったりと、人との付き合い方を学ぶ必要があります。それは子どもの一生を支えてくれ、いずれ役立つときがくるでしょう。

転校で悪いほうへ性格が変わるきっかけとは

転校で悪いほうへ性格が変わってしまうことも考えられます。どのようなことがきっかけとなるのでしょうか。

いじめや差別にあう

転校先の学校でなんとなく浮いてしまい、いじめや差別にあうことも考えられます。これは親が最も気にかけることではないでしょうか。親は学校優先で引越し先を選ぶなどの対策を立てましょう。

新しい場所に馴染めない

学校ではなく、その土地になじめないこともあり得ます。東京から田舎へ転校したりまた逆に田舎から都会へ転校したりすると、子どもにとっては一種のカルチャーショックとなるでしょう。その違いを楽しめるといいのですが、受け入れられないと長い間なじめないことも。

勉強が遅れる

地域や学校によって勉強の進み具合は異なります。小学生であればまだ追いつきやすいですが、中学生ともなると勉強に差が開き始めます。勉強についていけないと、学校にすら行きたくないと感じてしまうでしょう。引越しをしたときは、親もしばらく子どもの勉強の進み具合を見守る必要があります。

転校するとある程度性格は変わるもの

転校は子どもにとって、人生のひとつの大きなイベントです。当然ですが、ほとんどの子どもは転校を嫌がります。しかしながら、転校は決して悪いことばかりではありません。子どもにとって良い経験となることもたくさんあります。

親は転校を前向きに捉え、「新しい友達をたくさん作ろうね」と励ますことが大切です。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →