子育てママのお悩み解決メディア
子供のいじめ、親が介入してもいい?適切に向き合って解決しよう

子供のいじめ、親が介入してもいい?適切に向き合って解決しよう

昨今、子供のいじめは、複雑かつ巧妙で悪質になってきています。そうしたいじめの問題に対して、親はいったい何ができるのでしょうか。

この記事では、子供がいじめに遭ったときに、親としてできる適切な対処法をお伝えします。

いじめの実態を知り、見極める

いじめの問題があなたの子供に起きたときに、まずはいじめの実態を知り、見極めることが先決です。

子供が発するいじめのサイン

いじめのサインとして、体調不良、会話の減少、持ち物を汚す・壊す、お金を欲しがるなどが挙げられます。日頃から子供の様子や行動を気にかけておくことが大切です。

いじめの原因を探る

どんなことがきっかけだったのかを知ることで、問題の解決の糸口を探っていくことができます。

いじめの被害をリストアップする

いじめ問題を解決するために、「いつ」「どこで」「誰に」「どんなことをされたか」、さらに「どんな気持ちになったのか」「どんなことが起きたのか」など、詳細に記しましょう。

いじめに対して子供にできる適切な対応

いじめられて傷ついた子供に対し、親は子供にどんなことができるのでしょうか。

子供の居場所を作る

まずは、子供にとっての安全地帯を確保することです。子供が安心・安全だと思える空間を守るようにしましょう。

子供の意思を聞き入れる

子供からのSOSは、信頼の証です。子供の話を全て受け入れましょう。その後の対応も、子供の意思を尊重することが大切です。

子供の味方でいる

いつでも味方であること、存在そのものが大切なのだと子供に伝えましょう。自尊心を回復させ、心の拠り所を作りましょう。

親が介入するときのポイント

子供がいじめを受けたときに、親が介入する場合のポイントを見ていきます。

学校に相談する

学校と連携を取るようにしましょう。早期解決のためにも、冷静で落ち着いた態度で臨むことが大切です。

第三者機関に相談する

学校に相談しても解決しない場合は、教育委員会に相談しましょう。物を盗まれた、壊された場合は、警察への被害届を出すようにします。問題が複雑化し、学校や教育委員会が対応してくれない場合は、いじめ問題に強い弁護士に相談すると良いでしょう。

親が注意すべきNG行動

いじめの問題で親が注意したいのは、

・いじめを子供に解決させようとすること

親が力になってくれないと、子供は絶望感を感じてしまいます。

・中途半端に親が介入すること

問題をややこしくさせたり、エスカレートさせたりすることも少なくありません。

子供のいじめに対して、親ができること

子供がいじめられていたら、親が適切な対応をし、早期に解決させることが重要です。何より最も辛いのは、子供本人です。子供の心の安息を守り、しかるべき措置をとりましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →