子育てママのお悩み解決メディア
転校は子供にストレスを与えるの?親ができる子供へのケアを知ろう

転校は子供にストレスを与えるの?親ができる子供へのケアを知ろう

生活環境がガラリと変わってしまう転校。とくに思春期の子供は、精神的なストレスを抱えないか心配になる両親も多いことでしょう。

そこで今回は、親ができる子供へのケアを紹介します。

転校が子供に与える影響

そもそも転校が子供に与える影響とは、どんなものがあるのでしょうか。

生活環境が変わることへのストレス

転校をすると住む家や学校の友達など、自分を取り巻く生活環境が大きく変わります。また、転校してすぐの頃は周囲に打ち解けられないことも多いので、一人で過ごすことも多くなりがちです。

地域によっては話し言葉や文化が異なることもあるので、慣れるまでにストレスがかかることも。そのため、転校後の新しい生活にどう過ごすかが大きなポイントになるでしょう。

友達との別れで寂しさを感じる

転校で一番つらいのは、仲良く遊んだ友達と別れることだと感じる子供はとても多いです。転校によってお互いに離れて住むことになりますが、一生会えないわけではありません。

しかし、子供にとって仲の良い友達に会えないことは重要な問題なのです。そのため、転校後は友達と別れた寂しさから、あえて新しい友達を作らないようにする子も少なくありません。

学習ペースの違いへの不安

同じ学年でも学校によって学習ペースは大きく異なるので、勉強が遅れていた場合はストレスを感じる子供は多いようです。また、学校の進み方によっては学習ペースが遅れていることがあり、ときには授業の内容についていけないこともあります。

そのため、途中で勉強を投げ出してしまう子もいるようです。勉強で遅れた分を補う対策が必要なのかもしれません。

親ができる子供へのケアはある?

転校で負担を抱える子供へのケアについて解説します。子供の様子を見ながら実践してみましょう。

前向きな言葉をかける

子供の負担を軽くしたいなら、転校を「悲しいもの」にしないことが大切です。そのため、転校が決まってからは、常に前向きな言葉をかけるように心がけましょう。

例えば、「次の学校楽しみだね」「別れても友達とまた会えるよ」など、前向きな言葉がおすすめ。未来が明るいことが理解できれば、心の負担も軽くなるはずです。

いつも以上に会話をする

思春期に差し掛かる子供の場合は、悩みを一人で抱え込んでしまいがちです。転校先の学校では、すぐに新しい友達ができるわけではないので、相談相手も見つからずモヤモヤを吐き出せずにいる子もいます。

そのため、いつも以上に子供と会話をする機会を設けることが大切です。そして、子供が悩み事を話しやすい空気感を作ってあげましょう。

転校前の友達と会う機会を作る

子供のなかには、転校すると友達と一生会えないと思い込む子もいます。そのため、転校前の友達と会う機会を定期的に作ってあげましょう。

そうすることで、「住む場所が離れてもすぐに会うことができるな」と理解できます。直接会うことが難しい場合は、オンラインでテレビ電話をするのもおすすめです。

転校する良いタイミングとは

子供のことを第一に考えて転校する日を決めたいと考える親も多いでしょう。そこで転校するときは、新しい学校の運動会や修学旅行など大きな学校行事を避けるのが望ましいです。

転校してからすぐは友達もいないので、子供が気まずい思いをするかもしれません。転校するタイミングは、子供の気持ちを配慮して決めることが大切です。

子供の精神面をサポートしてあげよう!

子供が転校することは、大人が思う以上に寂しさを感じているものです。その気持ちを無視して転校の準備を進めてしまうと、子供に負担をかけることもあるかもしれません。

引越しや転校の準備で両親も忙しくなる時期ですが、子供の精神面はしっかりサポートしていきましょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →