子育てママのお悩み解決メディア
命名式はいつまで?お七夜での命名式の行い方や命名書の書き方も解説

命名式はいつまで?お七夜での命名式の行い方や命名書の書き方も解説

命名式は赤ちゃんの名前を親族に披露する儀式です。また、命名式は赤ちゃんが誕生して無事に7日目を迎えられたことを祝うお七夜に行うのが一般的です。

しかし、生後間もない頃は母子共に負担がかかりやすく、儀式を行うのが難しい場合も。そんなときは無理せず7日目以降の日に行いましょう。しかし、7日目以降にする場合は、いつまでに行えば良いか気になりますよね。

そこで今回は命名式の期限について、赤ちゃんに命名をする期限や命名式の行い方をあわせて解説します。

そもそも赤ちゃんの命名はいつまで?

赤ちゃんが生まれたら、役所へ「出生届」を出す必要があります。出生届には赤ちゃんの名前を書くので、出生届を出す期限=命名の期限と言えます。では、出生届はいつまでに出すべきなのでしょうか?

赤ちゃんの命名の期限

赤ちゃんの命名の期限は、出生届の期限である生後14日以内です。この期限を過ぎたら受け付けてもらえないというわけではありませんが、なるべく期限内に提出しましょう。

また、赤ちゃんが生まれてから14日は、2週間あるとはいえ何かと忙しく、あっという間に過ぎてしまいます。そのため、事前にいくつか名前の候補を絞っておくと良いでしょう。

命名式はいつまでに行うべき?

赤ちゃんの命名の期限は出生から14日以内です。では、命名式はいつまでに行うべきなのでしょうか?

命名式はお七夜に行うのが一般的

命名式は生まれた赤ちゃんが無事に7日目を迎えられたことを祝う、お七夜に行うのが一般的です。しかし、生後7日目というのはあくまでも目安ですので、命名式を行う時期に厳格な期限は設けられていません。

生後7日目に命名式をしない場合もある

お七夜を行う生後1週間目は、母子が退院する頃と重なり、慌ただしい時期です。そのため、生後7日目にお七夜や命名式を行うのが難しいこともあるでしょう。

そのような場合は母子の健康を優先し、無理せず別の日に儀式を行いましょう。命名式の期限はありませんので、母子の体調が落ち着いた頃に行っても問題はありません。

命名式の行い方

命名式はお七夜で最初に行います。命名式の行い方は、以下の順序の通りです。

1.命名書に赤ちゃんの名前を書き、集まった親族へ披露する

2.名付け親の紹介をする

命名書を披露する際は、神棚や床の間に飾り、守り神にも一家に新たな一員が加わったことを報告します。報告の際は命名書だけでなく、お神酒など神様への捧げものも忘れないようにしましょう。

命名書の書き方は2種類ある

命名書の書き方は「正式」と「略式」の2種類があります。

どちらも「両親の名前と続柄(長男など)」、「子供の名前」、「生まれた日」を書きますが、正式な書き方では三つ折りにした紙に書き、略式は一枚の紙に書きます。

命名式はお七夜以降に行う場合も

命名式は赤ちゃんの生後7日目を祝うお七夜に行うのが一般的ですが、生後1週間は何かと忙しい時期でもあります。赤ちゃんの命名の期限は、出生届の提出期限である生後14日目までですが、命名式の期限には厳格な決まりはありません。母子の健康状態に配慮して、無理のない時期に行いましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →