子育てママのお悩み解決メディア
子供におすすめのサブスクは?子育てママを助けるサブスク3選

子供におすすめのサブスクは?子育てママを助けるサブスク3選

一定期間、定額でものを利用できるサービス「サブスクリプション(略してサブスク)」が、子供を育てるママに注目されています。そこで、サブスクのメリットや、子供におすすめのサブスクをご紹介します。

子供を育てるママにサブスクが人気の理由

Creative eco wooden toys for baby und kids made of organic wood. Childrens Educational Eco-friendly wooden toys shop, store.

子供がいると、成長に伴って衣類やおもちゃなどさまざまなものを購入する必要があります。その際にかかるのが時間です。どれを買おうかと悩んだり、店舗に足を運んだり、インターネットで購入しようと思うと膨大な量の商品が出てきて選ぶのに時間がかかったり、という経験はママなら誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

子供のものを購入する際、必要なのは時間だけではありません。子供が成長し不要になってしまったものの置き場所や処分をどうするかなど、ものを持つと必ずついてくる場所や捨て方の問題が、サブスクを利用すればなくなります。

「時間と場所とお金を節約できる」というサブスクは、子供を育てるママの強い味方なのです。

子供のサブスクを利用するときの注意点

サブスクの多くは月額制のため、購入するより安いと感じることもありますが、実際家計の節約になるかどうかは利用・使用頻度によります。よく使うものやサービスであれば、サブスクの方が安く利用できる可能性もあるため、始める前に一度どちらがいいか試算してみましょう。

子供におすすめのサブスク

①おもちゃ 月額3,340円(税抜)〜「トイサブ!」

月齢に応じた最適なおもちゃを選定できる知育玩具のスペシャリストが、あなたの子供にぴったりの知育玩具を選んでくれるサブスクです。トイサブ! では返却期限が設けず、子供が気に入ったおもちゃがあれば延長して使い続けることが可能。

子供が気に入ったおもちゃをトイサブ! で普通よりお得な価格で購入することもできます。子供が気に入るかどうかを購入前に試せるのも、サブスクの魅力です。

②絵本 月額1,000円(税抜・送料200円)「ワールドライブラリーパーソナル」

Mom sits on a sofa with a child, reads a book and looks at bright pictures

子供の成長に合わせて厳選された世界中の絵本が毎月届くサブスク。海外絵本の翻訳出版社であるワールドライブラリーパーソナルのサブスクは、世界で評判の高い絵本が届くという点がおすすめです。

お気に入りが見つかれば、通常価格よりも安い価格で購入できます。1歳3ヶ月から申し込み可能で、まだ文字が読めない子供でも自発的に楽しめるしかけ絵本があるのが特徴。日本の名作以外の新しい絵本に触れさせることができるサブスクです。

③離乳食 月額11,980円(税抜)「the kindest」

baby food, healthy eating and nutrition concept - vegetable puree in glass bowl on wooden board

生後5ヶ月から始まる子供の離乳食。毎日作るのは、大人のご飯より時間も手間もとてもかかります。その手間を解消するサブスクがthe kindestです。the kindestのサブスクでは、厳選された国産有機野菜などを使用し、不要な調味料や保存料も最大限不使用に。レシピは、離乳食に必要な栄養分を熟知した小児科医や管理栄養士、シェフが考案したものだから、家庭でフォローしきれないバランス面も安心です。

サブスク料金は、離乳食であれば毎月11,980円(税抜き)ですが、20食分あります。また、ソフトクッキーなどのサブスクであれば10本1,680円から始めることもできます。子供により安心・安全なものを、手軽に食べさせられるサブスクです。

サブスクで子供との時間を増やそう!

Charming brunette woman playing with her baby while sitting on a bed in her apartment at the weekend together, lazy morning, warm and cozy scene. Selective focus

子供と一緒にいても、忙しくてなかなかゆったりと子供と向き合う時間が作れないママは多いはず。時短・節約につながる子供向けサブスクを上手に活用し、子供とのかけがえのない時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

いろは

いろはライター・エディター

ASD、ADHD、LDの9歳男児、ASD、ADHD6歳女児と3人で暮らす。早稲田大学在学中に週刊誌の編集アシスタントを経験したことをきっかけに、今に至る。

いろはさんの記事一覧 →