子育てママのお悩み解決メディア
子どもが発熱?病児保育はどうしたら利用できる?

子どもが発熱?病児保育はどうしたら利用できる?

皆さんこんにちは。子育てアドバイザーの河西ケイトです。

今シーズン、インフルエンザは手洗いうがいが例年よりもしっかり行われているので発症が少ないと聞いていますが、小さなお子さんは寒暖差で体調を崩しやすかったりしますね。

仕事に行かなくてはならないのに、お子さんが急に体調を崩してしまった時、皆さんはどうしていますか?

もちろん保育園には預けられませんよね。そんな時のためにあるのが「病児保育」のサービスです。今回は病児保育にはどのようなサービスが有るのかをお話したいと思います。

病児保育を利用するには事前登録が必要?

皆さんは一時預かり保育事業を知っていますか?

急に保育が必要になった時使うサービスなのですが、これは病児保育とよく似ています。病気は突然やってくるもの。その時になって、すぐ利用ができると思っている方が多くいるのですが、基本的には事前の登録が必要です。

また、住んでいる地域によって金額も様々。また住んでいる地域外の場所に預ける場合は金額が大きく異なるので注意が必要です。

必要な書類は、各区市町村役所の保育課のHPに掲載していますので、ダウンロードをして記入し、登録をしておくことをおすすめします。

病児保育は、医師や看護師は在中している?

「病児保育は普通の保育士さんだけで看護師さんはいないんですか?」という質問をされることが多いのですが、基本的には病院と併設しており医師と看護師さんが常駐しています。

しかし、稀に看護師のみで医師がいない場合もありますので、こちらも自身で調べておくと良いかもしれません。

また、風邪で熱を出している、咳・鼻汁がひどい、嘔吐や下痢をしている、などの症状や、上気道炎、急性胃腸炎など一般的な病気などは預かることができますが、百日咳、流行性耳下腺炎、麻疹など感染力の強い疾患は、対象にならず預かることができないので、そのへんも注意しておくと良いかもしれません。

大切なのは、無理はさせないこと

保育園で働いていた時に、病児保育に預けることができないからか、解熱剤を子どもに飲ませて登園をさせる家庭もありました。でも、子どもにとって解熱剤などの強い薬は、かえって体調の悪化や事故を招いてしまう恐れがあります。

というのも、薬にはだいたい眠くなる成分が入っています、そのせいで1日中ボーッとしていたり、固定遊具から落ちて怪我をしてしまうなどのケースが多くありました。また、治りきっていないのに登園をして、預けた直後に熱が上がりすぐ迎えに来てもらうというパターンも多くあります。

ここで大切なのは、しっかり身体を休ませて、身体の中から治すことです。保育園は集団生活の場で、治りきらないまま登園すれば、弱っている身体にウイルスが入り、違う病気に感染し、かえって長引かせてしまう可能性もあります。

今回は、病児保育についてお話させていただきました。

時代が変わり、病児保育もベビシッターのように訪問してくれるところもあれば、当日受付が可能なところもあるそうです。色々なスタイルに変化していますね。

また、ファミリーサポートでも対応が可能という地域などもあり、住んでいる場所によって内容などは様々だとは思いますが、ぜひ一度ご自身で調べていただき、自分にとって良いと思われる場所を見つけてくださいね。

河西 景翔

河西 景翔子育てアドバイザー

小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

河西 景翔さんの記事一覧 →