子育てママのお悩み解決メディア
優しい男の子に育てる方法はあるの?育て方をチェックしよう

優しい男の子に育てる方法はあるの?育て方をチェックしよう

優しい男の子に育ってほしい…こんな願いを持つパパ・ママは多いことでしょう。人に優しく接することができれば、きっと周りから愛される男性になれるはずです。そこで今回は、優しい男の子に育てる方法について紹介します。

子どもの性格は何歳で決まるの?

一般的に、人間の脳は3歳までに全体の約8割も形成されるといわれています。脳の形成とともに性格や思考なども作られていくため、3歳までが「勝負」といわれることも。

幼児期は「何も分かっていない」と思われがちですが、聞くもの見るもの体験するすべてのことを吸収しています。パパ・ママの行動で子どもの性格が変わることもあるので、幼児期だからと油断しないことが大切です。

優しい男の子に育てる方法とは

それでは、優しい性格の男の子に育てる方法を紹介します。無意識の行動が子どもの性格に影響を与えていることもあるので注意しましょう。

相手を思いやる言葉をかける

子どもが転んだりパパが困っていたりするときは、「大丈夫?」と声をかけましょう。子どもはママから関心を持たれる心地良さを感じると同時に、周囲の人に配慮する大切さを学びます。

優しさの基本は、細やかな気遣いと気配りです。ママが家族に思いやりのある言葉をかけることが、自然と優しさの土台を築くことにつながるでしょう。

子どもを否定する叱り方をしない

子どもを叱るときは、相手を否定するような叱り方をしてはいけません。パパ・ママは人格を否定するつもりはなくても、子どもは自分を否定されたと思って落ち込んでしまいます。

その結果、心に余裕がなくなり人に優しく接することができなくなってしまうのです。頭ごなしに否定せず、まずは子どもの考えや気持ちを聞いてあげましょう。

子どもの好奇心を妨げない

男の子は興味や関心のあることに挑戦したい気持ちが強いため、怪我をしないかハラハラするパパ・ママも多いでしょう。確かに怪我は心配ですが、子どもは失敗から多くのことを学びます。

失敗したり悔しい思いをしたり、さまざまな経験を通してたくさんのことを学ぶのが子どもです。自分が失敗をして悔しい思いするからこそ、共感する力がつきます。子どものことを考えるならば、よほど危険なことでない限り子どもの好奇心を妨げないようにしましょう。

他の子どもたちと触れる機会をつくる

同世代だけでなく、異なる年齢や異性の子どもとコミュニケーションをとる機会を増やしましょう。子どもはさまざまな人とコミュニケーションをとることで、より多くの立場の人に共感できるようになります。

習い事を始めたりイベントに参加したりするなど、多くの子どもと触れる機会をつくるのがおすすめです。

親の接し方で子どもの優しいは育てられる!

「優しい男の子に育ってほしい」と願うパパ・ママは多いでしょう。優しい子に育って欲しいならば、パパ・ママ自身がお手本となる行動をとることが大切。親が無意識に取った行動が性格に影響を及ぼすこともあるのです。

特に性格の土台が形成される3歳までは、思いやりのある言葉をかけたり否定するような叱り方は避けたりなど、自分の行動に注意して子どもに接しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →