子育てママのお悩み解決メディア
男の子はいつから性に目覚めるの?親はどう対応するべき?

男の子はいつから性に目覚めるの?親はどう対応するべき?

男の子の母親は、男の子はいつから性に目覚めるのだろうと気になるもの。性に目覚めた息子に対してどう接したらよいのか戸惑う母親も少なくありません。そこで、親がどう対応するべきかについてまとめてみました。

男の子が性に目覚めるのはいつから?

テレビや漫画に影響を受けやすい時期

幼児期の男の子は、おしっこやうんち、おっぱいといった言葉を言いたがる傾向があります。この頃の男の子は無邪気で、周りの反応を楽しんでいる男の子も多いでしょう。

第二次性徴の頃

8歳~12歳くらいになると、男の子も女の子も第二次性徴の時期となります。男の子の場合、精巣で男性ホルモンを作り始め大人の体へと成長していき、体つきもがっしりしてくるでしょう。

射精も第二次性徴の1つで、10~18歳の間に、大半の男の子が初めての射精「精通」を経験すると言われています。

性に目覚めた男の子の特徴

性に目覚めた男の子は、異性の特徴的な部位、性器や胸、お尻などに触りたがるもの。また、テレビや動画などのラブシーンやエッチなシーンを見るのも特徴といえるでしょう。

エッチな言葉を使いたがるのも、性に目覚めた男の子ならでは。性器の形や大きさに悩む子、射精は恥ずかしいものと思ってしまう子もいます。

親はどんな対応をするべき?

子どもに性に関する質問をされたら、ごまかしたりせず、きちんと答えてあげましょう。もしそのとき何と答えてよいかわからなかったら、「調べておくね」と返事して、後日伝えてあげれば十分です。

性的欲求との付き合い方を教える

思春期は心や体が急激に変化する時期なので、自分の性欲とどう付き合えばいいのかわからない男の子もいるでしょう。性欲が高まっているときは、スポーツや筋トレで気持ちをスッキリさせるのも効果的です。

また、マスターベーションをすることが恥ずかしいこと、汚らわしいこととネガティブに捉える男の子もいます。

しかし、マスターベーションは自分で自分の性欲を解消する方法であることを伝えた上で、ほかの人に見られない環境で行うこと、不潔な手ではしないことなどのマナーもあわせて伝えましょう。

そして自分の性欲が高まっていても、相手の女性が嫌がっているときは無理強いしてはいけない、ということも伝えてください。

メディアとの付き合い方を教える

今はメディアに気軽にアクセスできる時代なので、メディアとの付き合い方も教える必要があります。名前やメールアドレスなどの個人情報は書き込まない、怪しいサイトの掲示板などにコメントをしない、といったことをきちんと教えましょう。

また、アダルトサイトやAVは、男の子に性のゆがんだ知識を植え付けるリスクがあります。AVはフィクションなので、実際に同じことをやって女性が気持ちいいわけではないことを教えたいもの。

とはいえ、思春期の男の子に直接伝えるのが難しいこともありますよね、そういうときは、信頼できる動画を子どもにそっと教えてあげるのも一つの方法です。

性に目覚めるのは自然なことと見守ってあげよう

男の子が性に目覚めると、どう接したらいいかわからないという母親も多いでしょう。しかし性に目覚めることは、健全に成長している証拠でもあります。

性について聞かれたらきちんと答えてあげること、そしてほどよい距離を保ち温かく見守ってあげましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →