子育てママのお悩み解決メディア
小学生のお小遣いの相場は?あげ方やルールの決め方を解説

小学生のお小遣いの相場は?あげ方やルールの決め方を解説

小学生の子どもに「お小遣いが欲しい」と言われたら、あなたはどうしますか?また、お小遣いをあげることは決めているけれど、金額や渡し方をどうするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

お小遣いは金銭感覚を養う重要な習慣ですが、渡す金額や渡し方によっては悪い影響を与えてしまいます。そこで今回は小学生のお小遣いについて、相場や渡し方を解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

小学生にお小遣いは必要?相場は?

子どもが小学生に上がるころや、中学年以上の年齢になると、お小遣いを渡すべきか迷いますよね。ここではお小遣いを渡す必要性と、相場金額をご紹介します。

金銭感覚やお金の貯め方を学べる

小学生にお小遣いはまだ早いと思う親もいるでしょう。しかし、お小遣いは子どもの金銭感覚を養うことができ、自立心も向上するので、渡すことをおすすめします。

低・中・高学年のお小遣いの平均

小学生のお小遣い金額は、家庭によって大きく異なりますが、とある調査では、 小学生の最頻値(最も回答数が多い値)は全学年で500円という結果が出ています。そして、平均は1,000円前後であることが分かりました。

このことから、小学生のお小遣いは500~1,000円がベストと言えます。低学年までは500円で、中学年以降は1,000円というように、学年が上がったタイミングでお小遣いを増やしてあげるのも良いでしょう。

お小遣いを渡す際の注意点とルールの決め方

小学生はお金の大切さがいまいち分かっていません。そのため、お小遣いを渡す際はいくつかの点に注意し、ルールを決めておくことが重要です。

お金や貯金の重要性を伝える

金銭感覚がまだあまり身に付いていない小学生は、もらったお金をすぐに使ってしまったり、無駄遣いをしたりしがちです。

小学生にお金を渡す際は、お金や貯金の大切さを伝え、賢く使えるように教えましょう。

親、友人でも貸し借りを禁じる

お金の借りぐせがついてしまうと、お金がなくなったら周りに頼ればいいやという悪い考え方までついてしまいます。

例え親や友人でも、お金の貸し借りはしないように伝えましょう。

親が口出しし過ぎないように

小学生はまだまだ子どもなので、やることにあれこれ口を出したくなってしまいますよね。しかし、親が口を出し過ぎると、子どもの自分で考える機会を奪ってしまいます。

気になるのは分かりますが、口の出し過ぎには注意しましょう。

小学生のお小遣いは教育の一環

小学生のお小遣いは、金銭感覚や自分で考える力を養う貴重な習慣です。ただし、渡し方や金額に注意し、ルールを決めて渡してあげましょう。

もし、小学生でお小遣いはちょっと早いかもと不安があるのであれば、少額から与えるのがおすすめですよ。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →