子育てママのお悩み解決メディア
ベビーカーの選び方のポイントを徹底解説!これでもう迷わない!

ベビーカーの選び方のポイントを徹底解説!これでもう迷わない!

一口にベビーカーと言っても、種類やデザインが非常に豊富で、選ぶときに迷ってしまう人は多いでしょう。

ベビーカーは、使う家庭のライフスタイルに合った物を選ばないと、使いづらくて困ってしまうことになりかねないので、慎重に選ぶ必要があります。そこで今回は、ベビーカー選びで迷わないように、種類や特徴、選び方のポイントを解説します。

ベビーカーの種類と特徴

ベビーカーの種類は大きく「A型」「B型」「AB型」「三輪型」に分かれます。それぞれの特徴を見てみましょう。

A型・B型・AB型・三輪型が主流

A型はベビーカーの中でも代表的なタイプです。リクライニングが150度以上になる物が多いので、首がしっかり座る前の赤ちゃんでも乗せることができます。ただし、サイズが基本的に大きく、重量感があるので、持ち運びにはやや苦労します。

非常にシンプルな作りのB型は、軽くて持ち運びしやすいのがポイント。ただし、リクライニング機能がないため、赤ちゃんがしっかり座ることができる生後7か月辺りまでは使うことができません。

AB型は、その名の通りリクライニングがあるA型と、軽量なB型の良い部分を合わせ持つタイプのベビーカー。登場した当時はAB型と呼ばれていましたが、最近では新基準A型と呼ばれ、A型ベビーカーに分類されることが多くなりました。

三輪型は1つの前輪と2つの後輪で走行するタイプです。操作性が良く、小回りが利くのがポイントで、タイヤ径が大きいため、安定性に優れています。ただし、その分全体のサイズが大きく、収納場所に困る場合もあります。

失敗しないベビーカーの選び方とポイント

ベビーカー選びのポイントは、型の種類だけではありません。買いたい型が決まったのであれば、さらに細かい部分もチェックしましょう。

ライフスタイルに合っている物を選ぼう

例えば同じA型でも、サイズは全て同じという訳ではありません。同じ型でも大きさや重さには差があります。収納場所や、持ち運ぶ頻度などを考慮して、ライフスタイルに合った物を選びましょう。

SGマークは付いているか

SGマークとは、安全基準をクリアしたベビーカーのみに貼られるマークのこと。安いベビーカーにはSGマークが付いていないことが多いので、お買い得なベビーカーは買う前にSGマークが付いているかチェックしましょう。

暑さ・振動対策などの機能面の充実度

ベビーカーに乗った赤ちゃんは大人よりも地面に近いので、夏の日光の照り返しによる熱のダメージが大きいです。また、振動対策がなされていないベビーカーは、赤ちゃんに振動が伝わりやすくなってしまいます。そのため暑さや振動対策は十分であるか確認しましょう。

操作性は十分か

ベビーカーは操作性も重要です。操作性や使用感は物によって異なるので、出来れば店舗で実際に押してみて確かめましょう。実際に試すことが難しい場合は、レビューをしっかりチェックしてくださいね。

ベビーカーを選ぶ際は慎重に検討して

ベビーカーには非常に多くのメーカーと種類があるので、選ぶときに迷いがちですよね。デザインや軽さだけなど、1つのポイントのみを見て買ってしまうと、使い勝手が悪く後悔が残る可能性があるので注意しましょう。

ベビーカーは、ライフスタイルに合っているか、安全性は高いか、機能面は充実しているかなど、色々な方面からチェックして慎重に選ぶようにしてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →