子育てママのお悩み解決メディア
3歳児の知的障害チェックリスト!受診の前にチェックしてみよう

3歳児の知的障害チェックリスト!受診の前にチェックしてみよう

知的障害は先天的な脳の障害で、幼児のうちから特徴が見られることもあります。3歳児検診でも知的障害をチェックしますが、具体的にはどのような点を調べるのかご存知でしょうか。3歳児の知的障害チェックリストを紹介しますので、ぜひ受診の前にチェックしてみてください。

3歳児で知的障害の診断はできる?

知的障害は先天的な障害のため、3歳児検診である程度の疑いが発見され、病院受診を勧められることがあります。しかしすべての知的障害が3歳までに分かるわけではないため、3歳児検診では問題を指摘されなくても、後日、知的障害だと診断を受ける可能性もあるでしょう。

3歳児の知的障害チェックリスト

3歳児検診でチェックされることが多い知的障害の診断ポイントを5つ紹介します。ただし、すべてに当てはまっても知的障害ではない可能性もあるため、気になるポイントがある場合は、必ず専門家による診断を受けましょう。

1.言葉での指示を理解するのが苦手

知的障害がある場合、言葉だけですべてを理解することを苦手とすることがあります。例えば洗面所で「手を洗おう」と言えば手を洗うことができても、玄関で「手を洗いに行って」と言うだけでは指示内容を理解できないこともあるでしょう。言葉による指示の理解が苦手かどうか、確かめてみてください。

2.活動の順序を覚えることが苦手

知的障害がある子供は、いくつかの活動の組み合わせを覚えることが苦手な傾向にあります。3つほどの振りのあるダンスが覚えられなかったり、「歯を磨いてパジャマに着替えて絵本を持ってくる」といった日常のルーティーンが覚えられなかったりするケースもあるでしょう。

3.紙を動かしながらはさみを使えない

同時に2つ以上のことをすることが苦手なため、紙を動かしながらはさみを使えないことがあります。形に沿って切る場合は紙を固定したままはさみのほうを動かしたり、形を無視して好きなように切ったりすることがあるでしょう。

4.動きに反応したり予測したりすることが難しい

知的障害がある子供は、キャッチボールが苦手なケースも多いです。動きに反応したり予測したりすることが難しいため、投げたボールにそのままぶつかったり、バウンドしたボールを取れなかったりします。

5.着替えに時間がかかる

ボタンをつけることや順番に着ることが苦手なため、着替えに時間がかかる子供も多いです。注意力の欠如から、裏返しに着たり前後ろが反対になったりすることもあります。

気になるときは医療機関を受診しよう

3歳児検診でも知的障害かどうかはチェックされますが、疑わしい部分があるときは、検診を待たずに医療機関を受診し、医師に相談してみましょう。早めに医療機関を受診することで、子供に合った対応ができるようになることがあります。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →