子育てママのお悩み解決メディア
算数障害の子供とはどう向き合えばいい?特徴や勉強方法などを解説

算数障害の子供とはどう向き合えばいい?特徴や勉強方法などを解説

子供が小学校に入学すると、学校の勉強についていけていないのではないか、と心配になることもあるでしょう。

本人は勉強しているのに計算をよく間違える、時計が読めない、九九が言えないなど、特に算数について問題があると感じたら、それは算数障害の症状が原因かもしれません。

今回は聞き慣れない算数障害について詳しく紹介していきます。

算数障害とは

算数障害とは、どんな障害なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

学習障害(LD)の1つ

算数障害(ディスカリキュリア)とは、学習障害(LD)の1つ。 学習障害とは、知的には発達の遅れはなく、また本人の努力や環境に問題がないのに、聞くこと、読み書き、計算などある課題を理解することに学習の遅れや困難が起きる障害です。

3つに分類されており、算数障害のほかに、読字障害(ディスレクシア)、書字障害(ディスグラフィア)があります。 すべてのことが困難というわけでなく、できることとできないことで細かく様々なパターンがあり、「勉強不足」や「本人の努力が足りない」と思われてしまうため、なかなか気付かれにくいことも特徴の1つといえるでしょう。

算数障害とは、数字や計算、自分で考えて答えを出す推論などが苦手な症状のことです。数字そのものが理解できないことも多く、授業を聞いても分からない、テストで点が取れないなど、学年が上がるほどますます困難な状態が続いていくでしょう。

また、読字障害によって文章の意味が理解しにくいために、算数の文章題が苦手な場合もあります。この場合は算数障害ではないため、文章を読まずにできる暗算や図形などは問題なく解けることも少なくありません。

算数障害の原因や特徴は?

算数障害の原因は、まだよくわかっていませんが、発達障害の1つであることから、認知能力の機能障害だと考えられています。そのため、家庭でのしつけや育て方とはまったく関係がないのです。 特徴としては以下のものがあります。

  • 数字の概念や大小、規則性が理解できない
  • 繰り上がり・繰り下がりの計算が苦手
  • 計算で使う記号が理解できない
  • 文章問題や図形などが理解できない


算数障害のチェック例

算数障害といっても、子供によって表れ方が様々で、また1つでなく、組み合わさったタイプなど多種多様です。一例として、算数障害かどうかのチェック例を挙げてみましょう。

  • 九九がなかなか覚えられない、または覚えても使うことができない
  • 指を使わないと計算ができない
  • 数字の繰り上がり、繰り下がりが理解できない
  • 時計が読めない、理解できない


チェックに該当したからといって、必ずしも算数障害だとはいえません。心配な場合は、専門家に判断を委ねましょう。

算数障害の子供の勉強方法を紹介

算数障害の子供は、どのように勉強していけば良いのでしょうか。ここからは、勉強法について紹介していきます。

勉強の進め方

 「他人よりたくさん問題を解かせる」「何度も同じ問題を繰り返しさせる」こと、またできないことを努力が足りないと捉えて叱ってしまうのでは、子供は自信をなくし、算数自体を嫌いになってしまうかもしれません。

そこで勉強の進め方としては、たくさんではなく数問をゆっくりと解かせましょう。少ない問題を継続的に解かせる「トレーニング」と、正解した際に褒めて「できたという達成感」を持たせるなどの小さな成功体験をさせることで、子供の自信や意欲に繋がっていきます。

触覚や視覚を使う

計算などはおはじきを使うなど、実際に目で確認しながら、そして手で触って数えることでより理解しやすくなります。 九九は従来の口で何度も繰り返し言って覚える方法よりも、実際に九九を表に書くことがおすすめです。

その表を見ながら、子供自身に九九の式と答えがどの位置にあるのか、そして数字の並び方はどうなっているかを考え覚えさせると良いでしょう。 文章問題は実際に図や絵に書いてみるなど、一目で分かりやすくなるように工夫します。

またパソコンやタブレットなどのデジタル機器を使うのも、視覚的にわかりやすいうえに、楽しく学習できるのでおすすめです。

算数障害の子供への関わり方

算数障害の子供は、なぜできないのか、なぜわからないのかが理解できず、周りから叱られたことや多くの失敗で自信をなくしていることも多いのです。算数障害の子供とどう関わっていくかによって、その子の未来も変わってきます。

子供自身が努力していないのではなく、障害が原因であることをしっかり理解し、本人が抱えている問題を改善・解決しながら、少しでも自信を回復させることが大切なポイントといえるでしょう。

子供に合ったサポートをしよう

算数障害は本人がどんなに努力しても、勉強に困難が生じてしまいます。もし子供が算数障害かもしれないと思う場合は、専門の機関に相談し、早めにその子に合ったサポートを受ける事が大事です。そうすればこの先、様々な可能性が広がっていくでしょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →