子育てママのお悩み解決メディア
これで怖いものなし!ママができるメンタルリープ対策

これで怖いものなし!ママができるメンタルリープ対策

知っておくと便利な、赤ちゃんのメンタルリープ。メンタルリープの仕組みがわかると安心する一方で、何かしてあげられないかと思うママもいるはずです。この記事では、メンタルリープ中の赤ちゃんの対応策についてご紹介します。

メンタルリープとは?

メンタルリープとは、赤ちゃんの脳が発達する期間のことです。傍目からはわかりませんが、赤ちゃんの脳は急激に発達するので、その変化や気持ち悪さに赤ちゃん自身が驚き、ぐずりや夜泣きをするようになります。

親の立場からすると、赤ちゃんが泣き止まなかったりぐずったりしていると「何かあったのかも」と、体調を心配したり、部屋の環境に原因を見つけようとしたりします。しかし、脳の成長が理由になっていることもあるのです。

メンタルリープは10回ある

メンタルリープは、生後20ヶ月までの間に10回あると言われており、出産予定日から数えて5週目、8週目、12週目、19週目、26週目、37週目、46週目、55週目 64週目、75週目に起こります。

赤ちゃんはそれぞれの週のリープを経て、五感や自分の手足の存在に気づいたり、物事が起こる一連の流れを認識できたりするようになるんだそうです。最終的には、私たち大人のように、物事を体系的に捉え、ルールを学び、善悪を判断できるようになり、成長していきます。

メンタルリープの対処方法

メンタルリープ中の赤ちゃんは、泣いたりぐずったり、何をしても機嫌を直してくれない頑固さを持つことがあります。ここでは、そんな赤ちゃんの対処方法をご紹介します。

1. ママやパパがメンタルリープを理解する

赤ちゃんがぐずって手の施しようがないときも、「今、メンタルリープ中かも」と思えるだけでママやパパの気分は幾分か楽になるはずです。どうしようどうしようと焦る気持ちは、赤ちゃんにも伝わり、余計機嫌を損ねることも。赤ちゃんの機嫌が悪いというときは、メンタルリープを起こしていないか計算して安心してみましょう。

2. 話しかけてみる

メンタルリープは、その都度、脳のレベルアップを図っている期間です。2回目のメンタルリープのときには、喃語(なんご)を話し始めている赤ちゃんも多いはず。この頃は、言葉の教育やコミュニケーションの一環として、赤ちゃんにたくさん話しかけてみましょう。言葉の勉強になるだけではなく、赤ちゃんに精神的な安心感を与えることができます。

3. 睡眠リズムを作ってあげる

五感が発達中の26週目のメンタルリープの頃は、寝つきが悪くなる赤ちゃんがいます。この期間には、同じ時間に起き、太陽光を浴びて、食事や入浴の時間を一定にしたら、毎日同じ時間に眠るようにするなど、睡眠リズムを整えてあげるようにしてみてください。

4. スキンシップをとる

まだ言葉を話せない赤ちゃんにとって、ママやパパとの肌を通したスキンシップは癒しそのもの。特に37週目頃に起きるメンタルリープでは、人見知りや夜泣きを起こす赤ちゃんが増えるので、抱っこやおんぶ、背中をよしよしとしてあげるなどのスキンシップが大事になります。

5. 赤ちゃんがしたいことをサポートしてあげる

10回目、75週目頃のメンタルリープの頃には、赤ちゃんも1歳を過ぎているので、どんどんと自立的な行動を起こします。自然と言葉が出てくるようになったり、自分でできることが増えたりします。この時期のママやパパは、話しかけてあげたり、赤ちゃんがしたいことをサポートしたりしてあげましょう。赤ちゃんとのコミュニケーションにもなりますし、言葉や人との関係を学ぶいい機会になりますよ。

アプリを活用してメンタルリープに備えるのも◎

メンタルリープについてや、その対策についてもっとよく知りたい。そんなママは、メンタルリープの公式アプリを使ってみましょう。すべての赤ちゃんに共通する発達に伴う変化の解説をしてくれたり、リープが起こる週をカレンダーで表示してくれたりします。メンタルリープを経て、赤ちゃんがわかったり、できるようになったりしたことも教えてくれますよ。

赤ちゃんのことや成長の過程を知りたいという人は、ぜひ取り入れてみてください。

メンタルリープ公式アプリ:ワンダーウィー‪ク‬:Apple store

ワンダーウィーク (The Wonder Weeks):Google play

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。ここ数年は海外を転々。占いによると、2026年まで終いの住処を探して世界をさ迷う運命。どこにたどり着くのか、とても楽しみにしています。

きくさんの記事一覧 →