子育てママのお悩み解決メディア
うちの子は大丈夫?子供の発達障害の種類や相談機関などをご紹介!

うちの子は大丈夫?子供の発達障害の種類や相談機関などをご紹介!

発達障害とは、生まれつき脳機能の発達に偏りが見られる障害のことを言います。発達障害の子供が抱える特性や乗り越えにくい問題は個人差があり、それぞれに合わせたサポートや配慮が必要になります。

親だけでなく本人も問題にぶつかり悩むことも多く、周りの人達が環境を整えることが大切です。発達障害の理解を深め、サポート方法を探していきましょう。

発達障害にはどんな種類があるの?

発達障害には3つの種類があり、種類によって特性や症状が異なるので、必要な対応も変わってきます。

自閉症スペクトラム障害とは?

自閉症スペクトラム障害は、アスペルガー症候群・自閉症などの総称です。代表的な特性として、対人関係を苦手としコミュニケーションを嫌う・こだわりが強い・反復行動を繰り返すなどがみられることがあります。

得意・不得意がハッキリしていることが多いため、得意なことを伸ばしつつ苦手なことを周囲がサポートしていくことができるでしょう。

ADHDとは?

ADHDは、注意欠如・多動性障害と呼ばれる障害です。代表的な特性として、集中力が続かない・じっとしていられないなどの行動が見られます。動きを抑制してしまうと本人に逆効果をもたらしてしまうことがあるため、適切な対応や関わり方が必要でしょう。

学習障害とは?

学習障害は知的発達の遅れはないものの、聞くこと・話すこと・書くことなどの能力に何らかの障害がみられるものです。ただ個人差があり、障害を見つけづらいことが多いため、周囲の人間がいち早く状況に気づき適切な対応をすることが大切だと言えるでしょう。

発達障害の相談先や診断・検査方法が知りたい!

まずは子供の状況に一早く気づき、少しでも不安があれば専門家に相談することが大切です。悲観的になるのではなく、子供のために最適なサポートができるようにしましょう。

どこに相談をしたらいいの?

少しでも不安点があるときは、自治体の発達相談窓口に電話してみましょう。発達障害についての専門電話で、今度の対応についても聞くことができます。

また、他にも発達障害支援センターや保健所でも相談が可能です。一人で悩まず、些細なことでもまずは相談してみることをおすすめします。

診断や検査はどこで行うの?

診断や検査は、小児科・児童精神科・地域の療育センター・発達障害支援センターなどで行います。問診や子供の行動観察、心理検査や知能検査を実施し、発達障害なのかどうかを診断してもらうことになるでしょう。状況によっては、脳波検査や血液検査が実施されることもあります。

何か不安を感じていたら各種機関にまず相談を!

発達障害の特性は個人差があり、他の障害と合併していることもあります。また、症状によっては障害が見つけづらい場合があり、子供の変化に注意することが大切です。

発達障害と診断されると少しでも日常生活や社会生活が送りやすいように療育を始めることになります。我が子に気になる点がある場合は、専門家に相談してみましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →