子育てママのお悩み解決メディア
全然食べてくれない!4歳で食べ物の好き嫌いが起こる理由や改善方法

全然食べてくれない!4歳で食べ物の好き嫌いが起こる理由や改善方法

4歳になっていきなり始まった子どもの好き嫌い。

食べ物に好き嫌いがあると栄養が偏るので、何とかして改善したいと考える親も多いのではないでしょうか。そこで今回は、4歳で食べ物の好き嫌いが起こる理由と改善方法を紹介します。

食べ物の好き嫌いが始まるのは何歳から?

離乳食を食べる赤ちゃんのなかには、その日の気分で食べたり食べなかったりする子もいます。

ただ、これは気分によるものなので、食べ物の好き嫌いではありません。明確に好き嫌いが出るのは、2〜4歳の頃だといわれています。

食べ物の好き嫌いは始める理由

なぜ、2〜4歳になると食べ物の好き嫌いが出始めるのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

「イヤイヤ期」に突入したから

食べ物の好き嫌いが始まる理由に、イヤイヤ期に突入したことがあります。イヤイヤ期とは、自我が芽生えて自己主張が強くなる時期のことです。通常は2歳でイヤイヤ期のピークを迎え、3〜4歳で徐々に落ち着き始めます。

ただイヤイヤ期も個人差があるので、4歳まで続く子もいるようです。そんなイヤイヤ期は、自我が目覚めるため子どもは何でも自分で判断したがります。その結果、食べ物にも好き嫌いをつけるのです。

子どもの味覚が敏感だから

子どもの味覚は、大人も感じないような味を見分けられる敏感さがあります。子どもの味覚の敏感な理由は、「味蕾」の数です。味蕾とは、舌の上にある味覚を感じる部分で数が多いほど味を感知する能力が高くなります。

そんな子どもの「味蕾」の数は、大人の倍以上あるといわれているのです。その結果、子どもは苦味や酸味に対して敏感になり、食べ物に好き嫌いが出てしまいます。

子どもの好き嫌いを改善する方法

子どもの好き嫌いを放置すると、栄養に偏りが出てしまいます。親としてはバランスよく食べてほしいですよね。そこで、ここからは子どもの好き嫌いを改善する方法を紹介します。

食べたときに少し大げさに褒める

今まで口にしなかった食べ物を食べたときは、少し大げさに褒めてあげましょう。子どもは親から褒められるとそれを成功体験として記憶するので、「次も頑張って食べよう」と思います。

食材の形や大きさに変化をつける

みじん切りにして他の材料と混ぜてみたりハートや星型に切り抜いたりして、食材の大きさや形を変えてみましょう。一手間かかりますが、子どもが興味を示して手に取りやすくなります。

一緒に食材を買いに行って料理する

一緒に買い物に行って食材に接する機会を増やすのもおすすめです。スーパーに並んだ食材を見たり選んだりすることで、子どもは「今度食べてみよう」と前向きな気持ちになり好き嫌いの克服につながることがあります。

工夫次第で子どもの好き嫌いは改善できる!

自我の芽生えや敏感な味覚で、食べ物に好き嫌いが出る子どもも少なくありません。ただバランスよく栄養を摂取するには、好き嫌いせず食べることが一番です。

工夫次第で子どもの好き嫌いは改善できるので、積極的に取り入れてみましょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →