子育てママのお悩み解決メディア
宿題をしない子どもにイライラ!しない理由とおすすめの対処法を紹介

宿題をしない子どもにイライラ!しない理由とおすすめの対処法を紹介

子どもに「宿題をしなさい」と言っても、なかなか行動に移さなくて困る親は多いでしょう。子どもが言うことを聞かないと、ついイライラしてしまいますよね。

しかし、親がイライラを当たり散らすだけでは、子どもは宿題をますますやらなくなってしまいます。また、精神的に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。今回は子どもが宿題をしない理由と、対処法を紹介します。

子どもが宿題をしない理由は?

何度言っても宿題をしないとイライラしてしまいますが、子どもが宿題をしないのにはきちんと理由があります。

子どもが宿題の必要性を感じていない

すでに授業でやった漢字や計算問題を、なぜまた家に持って帰ってきてまでやらなくてはならないのか、なんのために宿題をやらされているのかわからないと子どもが感じている場合もあります。宿題をする必要性が理解できないのです。

子どもが宿題を嫌いと感じている

子どもは遊びたいという気持ちが強く、宿題は面倒くさいと感じている子は少なくありません。さらに、毎日のように「宿題しなさい!」と叱られると、余計に宿題を嫌いになってしまいます。

また、学校の授業についていけずに理解できていなかった場合、家に帰ってきて、また難しい問題に取り組まなければならないのをとてもつらく感じるでしょう。その結果、宿題が嫌いになってしまうのです。

子どもが宿題をしない場合の対処法

子どもが、自分から宿題をやるようになるための方法を紹介します。

宿題をする時間を決める

「学校から帰ってきたら、まず宿題をする」「夜ご飯を食べる前に宿題をする」など、宿題をする時間を決めましょう。宿題をする時間が決まっていないと、「あとで宿題をする」と、どんどん先のばしになってしまいます。

宿題を習慣化する

宿題をする時間やルールを決めて、しっかり守ることができれば習慣化できます。毎日行う「歯を磨く」「ご飯を食べる」と同じように、宿題ができるようなるのです。

子どもへの接し方を変える

子どもが宿題をしないと、ついカッとなって怒鳴ったり、叱ったりしてしまいますよね。しかし、怒鳴ったり叱ったりしてはいけません。さらに子どものやる気をなくしてしまうのです。ぐっと堪えましょう。

「宿題しないとゲームさせないよ!」などと、子どもを脅して宿題を無理やりやらせることもおすすめしません。子どもの宿題嫌いに、拍車をかけてしまいます。

また、問題がわからない所は、教えてあげましょう。問題が解けないことが、宿題が嫌いになってしまう原因になります。問題が解けたり、宿題がきちんとできたりした時は褒めてあげましょう。褒められると「次もがんばろう」と思えるからです。

子どもが宿題をしない場合は習慣化しよう

子どもが宿題をしないのは、宿題の必要性やメリットが理解できていないなどの理由があります。しかし、宿題をきちんとすると、将来に役立つ習慣を身につけたり、子どもの年齢に合った基礎学力を身につけたりできるメリットがあるのです。

家で子どもが宿題をすることで、学校の勉強にちゃんと付いて行けているか確認することもできますし、学校でのできごとを話すコミュニケーションのきっかけにもなります。

宿題をする時間やルールを決めて、子どもが宿題に前向きに取り組めるように、宿題を習慣化しましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →