子育てママのお悩み解決メディア
しつけできない親の5つの特徴!自分の子育ても見つめ直してみよう

しつけできない親の5つの特徴!自分の子育ても見つめ直してみよう

しつけができていない子供の後ろには、しつけできない親が潜んでいます。しつけできない親には、どんな特徴があるのか紹介しますので、ご自身の子育ても見直してみてください。

しつけできない親=しつけを理解してない親

しつけとは、子供に良いことと悪いことの違いを教えることで、常に一定の基準を持って善悪の基準を伝えていきます。

しかし、しつけを理解していない親も少なくありません。とにかく叱ることがしつけだと勘違いしている親は、自分の気分で子供に怒鳴ったり、「気に入らないから」という漠然とした理由で子供にきつい言葉を投げかけたりします。

また、ほめることだけがしつけだと勘違いしている親もいます。子供をほめて育てること自体は間違ってはいませんが、悪いことをしても注意をしないのは正しいしつけとは言えないでしょう。

しつけできない親に見られる5つの特徴

しつけできない親とは、具体的にはどのような親なのでしょうか。しつけできない親に見られる5つの特徴について見ていきましょう。

1.愛情に基づいてしつけをしていない

子供をしつけるのは、子供に対して「より良い人間になって欲しい」「皆に愛される人間に成長して欲しい」と願うからです。つまり、しつけの裏側には必ず愛情がなくてはいけません。

親の感情で怒るのは、愛情とは言い難い行為です。「腹が立ったから」「むしゃくしゃしているから」などの理由で子供に当たることがないようにしましょう。

2.しつけを「厳しくする」と誤解している

最初に述べましたが、しつけとは子供に良いことと悪いことの違いを教えることです。そのため単に厳しくすることはしつけではありません。

何度言っても間違ったことを繰り返すときは、厳しくすることも必要です。しかし、理由もなく常に厳しくすることは、子供に辛い思いをさせているだけと言えるでしょう。

3.叱る基準が定まっていない

子供を叱るときは、いつも同じ基準で叱るようにしましょう。靴のかかとを踏んでいることに対して、親自身の機嫌が悪いときは叱り、機嫌が良いときは叱らないでおくならば、子供は「靴のかかとを踏まないこと」が大切なのではなく、「親の気分が良いこと」が大切だと考えるようになります。

4.ほめない

しつけとは、叱るだけではありません。良いときにはほめることもしつけの一環です。子供が良いことをしたときや、前回注意した点を直していたときには、しっかりとほめるようにしましょう。

5.子供を見ていない

しつけできない親は、子供を見ていないことが多いです。子供を見ていないので、子供のちょっとした変化にも気付くことができません。子供と過ごすときには常に子供に目を配り、子供がどのような気持ちで過ごしているのか察するようにしましょう。

しつけできない親にならないようにしよう

「しつけできない親」という言葉は、決して誉め言葉ではありません。しつけをすることで、子供は親がいなくなっても他人から愛される人間へと成長することができます。子供をしっかりと見て、良いことと悪いことの違いを伝えていきましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →