子育てママのお悩み解決メディア
登園グッズの収納は入園準備中に整えよう!収納のコツも紹介

登園グッズの収納は入園準備中に整えよう!収納のコツも紹介

朝は朝ご飯を作ったり出かける準備をしたりと、どうしても慌ただしいもの。そんな中、子どもの登園準備をきっちりこなすのは難しいですよね。

朝の貴重な時間を無駄にしないためにも、登園グッズはサッと取り出せるように収納しておきましょう。

今回は、子どもの登園グッズの収納について、始める時期やコツをご紹介します。

登園グッズの収納は入学準備中に整えよう

登園グッズの収納は、入園してから整えようとしても、忙しくてなかなか手が回らないでしょう。そのため、入学準備の時点で整えておくのがおすすめです。

幼稚園の登園グッズの収納方法とコツ

登園グッズの収納はどのように整えると良いのでしょうか。登園グッズの収納方法とコツをご紹介します。

動線に合わせてシンプルを心がける

登園グッズを収納する場所は、「動線」に合わせるようにしましょう。動線とは、動きに合わせた移動線のことです。例えば、着替えをさせるのがリビングならば、登園グッズはリビングに置くようにしましょう。

また、物を取り出すまでに、引き出しを開けて、その中の小物入れのふたを開けて、というように、数回のアクションがあると子どもは面倒に感じてしまいます。なるべく少ないアクション数で準備ができるように、収納はシンプルであることも心がけましょう。

引き出しやボックスは軽い物を

収納の引き出しやボックスが大きかったり、木製など重い素材だったりすると、子どもは引き出すのが大変です。子どもでも簡単に取り出せるように、プラスチックや段ボールなどの軽い物にしましょう。

使う頻度によって分ける

収納を引き出しや入れ物ごとに分ける場合は、使う頻度によって分けましょう。例えば毎日必ず持って行く物をひとまとめにすることで、忘れ物を減らすことができますよ。

ラベリングで分かりやすくする

子どもは「ここにはハンカチを、あそこにはティッシュをしまおうね。」と教えても、つい忘れてしまい収納がごちゃごちゃになりがち。

収納ボックスは、外だけではなく中にも細かくラベリングをすることで、収納場所が分かりやすくなります。また、ラベリングをしておけば、そこに無い物が何かも分かるので、忘れ物防止にも効果的です。

収納を整えて毎朝の準備を楽にしよう

バタつきがちな朝は、登園準備が整っていないと時間が足りなくなったり、忘れ物をしてしまったりします。登園で必要な物は、あらかじめ整えておいて朝慌てずに済むようにしましょう。登園準備の収納は、動線に合わせてシンプルにすることがコツです。

また、重い素材のボックスは使わない、細かくラベリングするなど、子どもが使うことを念頭に入れて整えるようにしてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →