子育てママのお悩み解決メディア
新学期に不登校で悩むママ必見!再登校時に気をつけたいポイント

新学期に不登校で悩むママ必見!再登校時に気をつけたいポイント

新学期のスタートを機に、不登校のお子さんが再登校を考えることがあるかもしれません。喜ばしいことであり、親としては応援したいところですが、気をつけたいこともあります。どんなふうに見守ってあげたら良いのか、ご紹介していきましょう。

新学期は再登校にベストタイミング?

長く不登校だったお子さんが、再登校しやすい一つのきっかけが新学期です。しかしながら、これはあくまでもきっかけにすぎず、お子さんによって個人差があります。様子を見ながら、無理をせず、お子さんに合ったベストタイミングを見つけましょう。

再登校のタイミングは人それぞれ

いろいろな方の話を聞くと、ついそれに合わせなければならないと思いがちです。しかし、一番大切なのは、お子さんにとって無理なく再登校できる日を選ぶことです。言葉に出さなくても、お子さんは悩みや不安を抱えています。

自分の置かれている状態を、本人が一番わかっているのです。お子さんとコミュニケーションをとりながら、ゆっくり焦らず再登校を目指しましょう。

不登校から登校までにかかる期間は?

不登校になってから、また学校に行けるようになるまで、どれくらいかかるのかはっきりとした答えはありません。なぜなら、不登校になったきっかけも違いますし、お子さんの性格なども違うからです。

早い場合は、2~3か月くらいで再登校となるのですが、長く時間を要する場合は、1年以上かかることもあります。焦らずお子さんに寄り添いましょう。

再登校する時に注意したい4つのポイント

お子さんから再登校したい気持ちが聞けると、やはりうれしく思います。しかし、焦りは禁物。勇気をもって学校に行こうとしているので、まずはそう思えたことをプラスに考え、家族みんなで見守るようにしましょう。

学校に行けない場合でもプレッシャーを与えない

自分の口から学校に行きたいと話していても、何らかの理由で行けなくなることがあるかもしれません。そんな時でも、お子さんを責めるような言動は避けるべきです。

学校に行ってもいいよ、行けなくてもいいよといった気持ちと言葉でゆるく対応できれば、お子さんも安心できます。お子さんを焦らせない、自分も焦らないことが大切です。

生活習慣やリズムを整える

長く学校に行っていないと、基本的な生活習慣から遠ざかっていることもあるでしょう。この状態で登校を始めると、学校生活にうまく対応できなくなることもあるので、まずは生活リズムを整えることが必要です。

決まった時間に起床したり、就寝したりすること、朝食をきちんと取ることにも慣れさせましょう。

学校側に登校の意思があることを伝える

再登校が決まったら、ぜひその気持ちを学校に伝えましょう。こうすることで、学校側も準備ができサポートしやすくなります。

子どもに安心できる空間を提供する

子どもも大人も、頑張り続けることはできません。素の自分でいられる、リラックスできる場所が必要です。帰宅したら、あまり根掘り葉掘り聞きだすよりも、「ご苦労さま、お疲れさま」といった気持ちで向き合うようにしましょう。

こうすることで、お子さんも無理なく学校生活に慣れますし、何かあったら自分から話してくれます。

子どもが自分で決断するタイミングを待とう

新学期を迎えるからといって再登校を焦らせず、あくまでもお子さんが自分で学校に行くと決断するまで待ちましょう。さまざまな葛藤を抱えている本人に、周りがプレッシャーをかけてはいけません。家庭の中がピリピリした状態にならないように努め、ゆっくり進んでいきましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →