子育てママのお悩み解決メディア
子供のトラブルは謝り方次第!?幼稚園での問題を解決する方法

子供のトラブルは謝り方次第!?幼稚園での問題を解決する方法

幼稚園に通っていると、子供同士で問題が起こることがあります。

ただ自分の子供が相手の子に危害を加えてしまった場合、どう対応すればいいかわからない人も多いでしょう。この記事では、子供同士のトラブルを解決する方法を紹介します。

トラブルが起こった時にすべきこと

子供が幼稚園から帰宅したあと、泣いていたり浮かない顔をしていたりすることもあるでしょう。そんなときは、幼稚園で何かトラブルが起こったのかもしれません。まずは、落ち込む子供に対して親がすべきことを紹介します。

まずは子供の話に耳を傾ける

親が最初に行うべきことは、子供の話をしっかり聞いてあげることです。幼稚園で何かトラブルが起きたことがわかると、子供を頭ごなしに怒る親も少なくありません。

しかし、子供は親に叱られるのを避けるために幼稚園で問題が起こっても嘘をつくようになってしまいます。それでは解決策も見つけられなくなるため、まずは子供の話に耳を傾けてあげることが大切です。

幼稚園の先生に起こったことを聞く

子供の話を聞いて大体の流れがわかったら、担任の先生に相談してみましょう。もしかすると真実が隠れている可能性があります。

子供は自分だけの立場から話をする場合が多いので、担任の先生から客観的な意見を聞けるはず。また、担任の先生はその場にいた周囲の子供に話を聞くことも多いので、真実が明らかになるでしょう。

子供同士のトラブルを解決する方法

自分の子供に非がある場合は、相手の子の親にしっかり謝罪することが大切です。ただどんな手順で相手の子の親に謝ればいいかわからない人も多いでしょう。そこで、ここからは子供同士のトラブルを解決する方法を解説します。

1.まずは電話で謝罪する

自分の子供が相手の子に怪我をさせたり暴言を吐いたりしたときは、まず電話で謝罪するのが望ましいです。時間を置くよりもすぐに電話したほうが誠意も伝わるので、大きな問題に発展することもありません。

急に訪問すると相手の迷惑になることもあるので、まずは電話で相手の子の親に謝罪するのが好ましいでしょう。

2.子供本人にも謝らせる

親として謝罪を済ませたら、実際に相手に危害を加えた子供にも謝らせましょう。謝らせることで本人も悪いことをした自覚が持て、子供同士が仲直りできるきっかけにもなります。

ただ、謝る時に素直になれずふざけたりふてくされたりする子供も多いです。それでは謝罪の気持ちが伝わらないので、事前に子供と話をして納得させておきましょう。

3.相手の子供の様子を聞く

謝罪の言葉を伝えられたら、相手の子供の様子を確認しましょう。病院に行くほどの大きな怪我の場合は、治療費を負担する旨を伝えることが望ましいです。

そして治療費のことも含め、あらためてお宅に訪問させてもらえるようにお願いしましょう。

4.お詫びの菓子折りを持参する

病院に行くほどの大きな怪我のときは、お宅に訪問して直接謝罪したほうがいい場合もあります。そんなときは手ぶらではなく、お詫びの菓子折りを持参するのが望ましいです。

菓子折りの予算は、1,000円から高くても3,000円程度までのものがおすすめ。あまり高過ぎると相手に気を使わせることもあるので注意しましょう。

小さなトラブルでも慎重に対応しよう!

幼稚園では子供同士で喧嘩になることもあるでしょう。その場で解決できているなら「まあ大丈夫だろう」と放置する親もいるはず。

ただ、正しい対応をしないと大きな問題に発展することもあるかもしれません。たとえ小さなトラブルでも慎重に対応することをおすすめします。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →